鴨川シーワールドのオススメホテル「鴨川ホテル三日月」【赤ちゃんといっしょ!】

みなさん、赤ちゃんと旅行に行ってホテルで困ったことってありませんか?

大浴場に赤ちゃんがおしっこしちゃって周りの人の目線が痛いとか
ビッフェで走り回って全く落ち着いて食べられなかったとか
密密するところはまだ怖い…とか

赤ちゃん連れだと思い通りにいかないことが多くて、旅行どころじゃないですよね。
でも朝夕部屋食・部屋風呂だったらどうでしょう?
自宅にいるのと変わらないから、お母さんも赤ちゃんもリラックスできると思いませんか?

今日はそんなあなたに鴨川ホテル三日月が新たに始めた、部屋食・部屋風呂プランの宿泊レポートをお知らせします。

今回は特別室プランでしたが、これが大正解でした。
快適さが全然違うのに、料金は大きく違わないのでオススメです。

赤ちゃんと泊まる!「鴨川ホテル三日月」

ホテル三日月は、千葉県に3箇所、日光鬼怒川に1箇所のスパ&ホテルを構えるホテルグループ。
鴨川ホテル三日月は、その中でも鴨川シーワールドに近く、観光での利用に最適です。

エントランス

1階には着物の展示や謎の橋があり、結構賑やか。
正直上品な意匠とはいえませんが、子供にはこのくらいがちょうどいいのかもしれません。

1階で普通の部屋行きと特別室行きのエレベーターが分かれます。
普通の部屋行きはかなり人が多くうるさいくらいですが、特別室行きは人通りが少なくとても静かでゆったりできます。

ここで館内着も借りることができます。
浴衣みたいに着崩れることもありませんし、帯もないのでゆったりしています。

借りることで寝巻きがいらなくなるので荷物を減らせます。
子供用も3サイズあり、大きさに合わせて選べます。

部屋

特別室は廊下も静かで廊下の話し声が気になることもありません。
部屋に入る前から特別なのはありがたいですね。

一歩入ると広々とした玄関

ちょっとした調度品にもセンスを感じます。

居室は和室と海の見える洋室の2室

和室は広々としており、キレイで上品。
洋室はオーシャンビュー、ソファーもいいものを使っているようでとても心地よいです。

ホテルの真下がすぐに海のため海との距離感が近く、豪華客船の船室から海を眺めているような錯覚すら覚えるほど海を感じることができます。

ここから見る夕暮れは美しいの一言です。

寝室

ベッドルームがあります。
お部屋に布団も敷けますが、部屋食のメリットを生かすならベッドを使用した方が良いでしょう。

夕食食べたてゆったりしているところに、お布団敷きに来てらうのも気を遣いますからね。
特に寝ていた赤ちゃんが起き出してしまうと最悪です。

お風呂

もちろん部屋風呂完備です。
こちらの部屋風呂は賃貸アパートの風呂ぐらいの大きさは十分にあります。
実用に困ることはないでしょう。


洗面台も2台あるので、お父さんとかち合っても安心。

部屋風呂のメリットは、おむつの取れない赤ちゃんでも安心して入れられること。
そうでなくても大浴場では、お母さんが体や頭洗っている間に、赤ちゃんがどっか行ったりと心配事だらけ。
大浴場に行ったのにかえって疲れることばかりです。

最上階には露天風呂もあります
3年前にできた千里一望の湯は広大な外海を独り占めできる最高の展望ポイントです。
赤ちゃんだけ先に部屋風呂に入れて、お父さんと交代で大浴場に行っても良いでしょう。

食事

これまでホテル三日月では、夕食・朝食とビッフェでのバイキングスタイルが基本でしたが、新型コロナウイルスの流行以来、お部屋での部屋食プランを用意してくれています。

コース式ではなく、お重で一度に全部出てきます。
何度も出入りしてもらうのはあまり落ち着かないので、正直助かります。

お重だが、コースの懐石をそのまま詰めた感じでクオリティは十分!
温かい鍋
炊き立て飯も出してくれます。

メニューも豪華で特に上総和牛のステーキは濃厚な旨味がジューシーです。
お重だけでなく温かいお鍋と釜飯も用意してくれるのは、嬉しい心遣いですね。

部屋食のいいところは、赤ちゃんが安心してくれることです。
やはり赤ちゃんにとって知らない人がいる空間は落ち着かないもの、ビッフェやレストランでは泣き出したり、おうち帰るコールが始まったりともう大変。

旅行に来たのにお母さんはクタクタになってしまいます。
さらにビッフェに行列なんてできていたら疲れ果てて何をしに来たのかもうわかりません。

部屋食なら自宅と一緒だから赤ちゃんも安心してくれるし、そのまま眠ってくれば安心してお母さんも楽しめます。
うちの娘なんか、配膳に来たお姉さんに機嫌よく話しかけてとても楽しそうにしてくれました!

美味しいもの食べてあとはそのまま寝るだけ!こういうのが最高の贅沢なのではないでしょうか。
さらにビッフェみたいに食べ物取りに行かなくていいから、家族での会話もたっぷり楽しめます。
家族での絆を深めるには部屋食が一番なのです。

翌朝、朝食会場のビッフェには、長蛇の列。
部屋食で本当に良かったと安心した瞬間でした。

聖人生誕800年を記念キャンペーン

10月31日まで、1部屋5000円の割引中!
さらに6月は鴨川シーワールドも各種割引!

夏休みになると高い上混み合うので、いくなら今しかありません!

>>鴨川ホテル三日月の宿泊プラン

鴨川シーワールドの割引情報

翌日のオススメ!鯛の浦観光船

鴨川シーワールドまでは車で15分程度。
鉄板のコースですが、前日鴨川シーワールドに行ったのなら、翌日は鯛の浦がオススメです。

ホテル三日月から歩いて10分程度のところにある観光船で、車で行くと駐車場料金600円かかります。

料金は約25分のクルージングで1200円。
決まった時刻表はなく昼間随時出航してくれます。
少々待つことになっても波打ち際に展示館もあるので飽きることはないでしょう。

外海らしく結構大きな波を体感できます。そこそこ揺れるので酔いやすい人は注意。
付近の奇岩を巡りながら最後に野生の魚を餌で寄せるのですが、結構大きな魚が来てくれます。

養殖でないので、何が出るかはやってみてのお楽しみ。
この日は鯛ではなく、カンパチでした。

鯉の餌やりとは比べものにならないほどの大迫力。
1m近い野生の魚がウロウロするのは海のサバンナを感じます。

鯛の浦なら午前中だけで観光できますので、そのまま早い帰路に着くと良いです。
帰りが遅くなると赤ちゃんが疲れて不機嫌になってしまいます。

ただでさえ赤ちゃんは部屋食・部屋風呂にしても慣れない布団で疲れて不機嫌になりやすいです。
1日観光するとぐずって楽しめないことが多いので、午前中で終わるくらいが実はちょうど良いのです。

赤ちゃんとの旅行は引き際が大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました