千葉観光の拠点!コスパ最良ホテル「オークラ千葉ホテル」の実泊レビュー

楽しいおやどコレクション!

オークラ千葉ホテルは、千葉市のベイエリア千葉みなと駅にあるホテルです。
高級感漂う内装ですが、それほど高くなく観光の拠点として最適です。

ここからディズニーランドまでJR京葉線で約30分ですが、価格はディズニーランド周辺と比べるべくもなくお安くなっています。
また、房総へのアクセスも良く鴨川シーワールドやマザー牧場への足がかりとしても利用することが出来ます。
ホテル付近の港湾部も近年再開発が進みかなりおしゃれになり、遊覧船なども楽しめます。

今日はそんなオークラ千葉ホテルの実泊レビューをご紹介します。

「オークラ千葉ホテル」の実泊レビュー

アクセス

公共交通機関

JR京葉線/千葉都市モノレール「千葉みなと駅」より徒歩約5分

自家用車

東関東自動車道「湾岸習志野IC」より約25分。
ホテル利用者は駐車場無料。

ロビー

結婚式も行われるだけあってロビーは美しく、ビジホとは一線を画しています。
ラウンジや中庭もあり、うちの子はキャッキャと楽しそうに走り回っていました。

客室

客室はベッドとデスク、テーブルがある程度ですが、必要にして十分です。
デスクと別にテーブルと椅子がありますので、部屋で食事もしやすいです。
もちろんミニ冷蔵庫に電気ポットなど基本的な装備もあります。

ただ冷暖房の切り替えは全館一斉の古いタイプです。
季節の変わり目は暑い寒い出る可能性がありますので注意しましょう。

お風呂はトイレ・洗面台と同室のユニットバスです。
スーペリアルームの一部プランでは、洗面台がトイレの内側だけでなく外側にもあり使いやすいです。
洗面台は大理石仕様で高級感が漂っています。
アメニティの質は普通のビジホよりやや高めといったところで、質は高めです。
パジャマは簡易浴衣のようなワンピースタイプです。

・小さなお子さんとのユニットバスの入り方!

小さなお子さんとユニットバスに入るには、難しいとお感じの親御さんも多いでしょう。

洗い場とバスが分かれていれば、親が体を洗っている間お子さんを湯船に入れてやれます。
しかしユニットバスでは、お子さんが湯船に浸かれず体が冷えてしまいます。

そこで我が家ではこんなミニバスを買ってみました。
空気で膨らむので旅先でも荷物になりません。
これに湯を張って親が体を洗っている間、温まってもらうのです。

小さなお子さんでもユニットバスで大丈夫になれば、宿選びがグッと楽になります。
皆さんもよろしければ参考にしてください!

客室の窓からは千葉港と東京湾を一望することができます。
夜景だけでなく朝焼けも綺麗です。

食事

ホテル内のレストランセブンシーズでは、6,000円程度でビッフェやコースの食事を楽しむことが出来ます。
安くあげたい方は、夕食をテイクアウトすることができ、部屋食派のみなさんにもおススメです。
メニューは¥1,000程度のわっぱ飯からオードブルまでありますので、人数に合わせて選ぶことができます。
わっぱ飯は18時までに受け取りが必要ですので、早めにチェックインしましょう。

朝食のビッフェもセブンシーズです。
美しくレストランで優雅な朝を迎えることができます。
メニューも和洋が揃い豊富です。

なおホテル内電子レンジの設置はありません。
どうしてもという方はフロントで頼めば温めてくれるようです。

スパ スカイビュー

最上階はスパスカイビューになっています。
温泉ではありませんが、大きめの浴槽とジャグジー、寝湯、サウナがあり旅の疲れを癒してくれます。
サウナがあるのになぜか水風呂はありません。
ホテルの館内着での利用は不可ですので、気になる方はそれ用の着替えを用意していきましょう。

>>オークラ千葉ホテルの宿泊プラン

近くの立ち寄り

千葉みなと周辺の立ち寄り情報はコチラ!

タイトルとURLをコピーしました