お子さんと千葉みなとふらりプチ旅行!【挑戦!こどもとユニットバス】

こどもと一緒!お出かけスポット

みなさん千葉市にある千葉みなとという町を知っていますか?
千葉市の沿岸部にある横浜とは比べるべくもない小さな町で、しかも漁港ではなく工業港なのでちょっと地味です。
でも意外にオシャレでコンパクトなので、小さなお子さんとちょこっと散歩にはとってもいいところでした。

ここではお子さんと行く、千葉みなとの遊び場と近隣ホテルと実泊レビューをご紹介します。
また、ユニットバスで小さな子どもとどうお風呂に入るかも実験してみましたので、よろしければ旅のご参考にしてください!

お子さんと千葉みなとふらりプチ旅行!

千葉みなとの名所

千葉みなとはその名の通り港湾都市!
横浜みたいに広くはありませんが、そのため半日程で十分楽しめます!

千葉ポートタワー

千葉市の最大のランドマーク。駐車場無料。
目貫通りの先にズドーンと聳え立つ、直線型のビルはなかなか壮観。
もちろん上部は展望台になっており、東京湾を一望することができます。

ビーチプラザ

ポートタワー真下の海岸。
ポートタワー真下に水栓もあり、ちょっと足をつけて遊ぶくらいはできます。

ただ、東京湾なので、漂着物や藻が多くあまり綺麗とは言えません。
泳ぐのはおすすめできないでしょう。

ケーズハーバー

オシャレな千葉新名所。
駐車場が有料で、最大料金700円となっています。
少し歩くのが手間でなければ、ポートタワーに停めるとタダで済みます。

ここから観光船が出るほか、大水槽がきれいな飲食店が入っています。
外での飲食も可能で、食材持ち込み自由のバーベキューもできます。
バーベキューはガス火ですが、機材レンタル1人1000円と格安です。

海を見ながらみんなで楽しむには十分でしょう。

千葉港めぐり観光船

3種類のコースを備える観光船。
風が強いと運航を止めるので、行く前に必ずHPをチェックしてください。
市街地で風がなくても、海は風が強いことも多いです。
HP:https://www.chiba-port.com/

・千葉みなと湾内コース(約40分)
出航時刻:毎日11時30分、13時30分
料金:大人¥1,200、小人(小6まで)600円

・幕張メッセ沖合遊覧コース(約50分)
出航時刻:土日祝日14時30分
料金:大人¥1,400、小人(小6まで)700円

・工場夜景クルーズ(約70分)
要予約(電話:043-205−4333
出航時刻:定期便 第2・第4土曜日開催(4月~11月第2)
     時間は17時前後ですが、日によって変わるので、要問合せです。
料金:大人¥2,200、中3まで1,100円

運が良いとカモメが飛んできて餌やりを楽しむことができます。
餌は船内で買える100円のかっぱえびせん。気持ち高い気がするので、事前に買っていくとGOODです。

千葉県立美術館

1人300円の美術館。駐車場無料。
安いのでお子さんにアートな体験をさせるにはもってこいです。

アート体験のススメはコチラ!

オークラ千葉ホテルの実泊レビュー

千葉みなと駅周辺の数少ないホテル。
施設は大きくありませんが、結婚式場も備えており、内装はなかなか綺麗です。
中庭がシンプルながら広く美しいです。

客室はベッドとテーブルがある程度で広いとは言えませんが、必要にして十分です。
お風呂はトイレと同室のユニットバスですが、スーペリアルームでは洗面台がトイレの内側だけでなく外側にもあるので助かります。
窓からはポートタワー工場夜景を見ることができます。

ホテル内のレストランセブンシーズでは、夕食をテイクアウトすることができ、部屋食派にはおススメです。
¥1,000程度のどんぶり飯からオードブルまであるので、人数に合わせて選ぶことができます。
どんぶり飯は18時までに受け取りが必要ですので、早めにチェックインしましょう。

朝食のビッフェもセブンシーズです。美しくレストランで優雅な朝を迎えることができます。

最上階はスパスカイビューになっています。
現在サウナが使用禁止になっていることもあり、お風呂としては平凡です。

おこさんとユニットバス攻略法

小さなお子さんとユニットバスに入るには、難しいとお感じのお母さんも多いでしょう。
洗い場とバスが分かれていれば、お母さんが洗っている間お子さんをお風呂に入れてやれます。
しかしユニットバスでは、お子さんがお風呂に入れず体が冷えてしまいます。

そこで我が家ではこんなミニバスを買ってみました。

空気で膨らむので荷物になりません。
これに湯を張ってお母さんが洗っている間、バスタブのシャワーから遠い位置であったまってもらうのです。

小さなお子さんでもユニットバスで大丈夫になれば、宿選びがグッと楽になります。
皆さんもよろしければ参考にしてください!

>>オークラ千葉ホテルの宿泊プラン
タイトルとURLをコピーしました