【IN JAPAN】映画「SHUTTER」が5分でわかる!【ネタバレあり】

ヤンデレ死霊は青酸カリを一気飲み!?

2008年のアメリカ映画
出演者はジョシュア・ジャクソン、レイチェル・テイラー、奥菜恵
タイ発ハリウッドメイキングの和風ホラー

こんな人にオススメ!
・日本舞台の映画が見たい
・和ホラーが好き
・心霊写真に興味がある

プライムビデオ「SHUTTER」が5分でわかる!

あらすじ

心霊写真

写真家ベンとジェーンの夫婦が新婚旅行で日本に行く。
深夜ジェーンが運転中、目の前に突然女性が現れ轢いてしまう。
しかし警察が現場を調べても、女性は見つからなかった。

二人は仕事で東京に向かい、友人で今回の仕事のクライアントでもあるブルーノとアダムに会う。
ベンが仕事中、日本観光を楽しむジェーンだったが、その時撮った写真に何かが映り込んでいることに気がつく。

翌日ベンの助手ナカムラにオカルト雑誌の編集長を紹介してもらい、編集長の心霊写真コレクションを見せてもらう。
編集長は心霊は何かを伝えるために映り込むと話し、ジェーンにかつて取材した霊能力者を紹介する。

その頃ビルの撮った写真にも何かが映り込む怪奇現象起きており、撮った写真の全てが使い物にならなくなっていた。
ジェーンは車で轢いた女が東京までついてきたと怯えるが、そんなジェーンをベンは突き放してしまう。

しかしベンも女の霊を見るようになったので、ベンとジェーンは以前編集長に紹介してもらった霊能力者のムラセを訪ねる。
心霊写真を見たムラセは様子がおかしくなり、ベンはムラセをインチキと断定し帰ってしまう。

霊の正体

ジェーンは心霊写真の心霊が、ビルのスタジオのあるこのビルから出ていることに気がつく。

心霊の出本を探るとそこには国際部のオフィスがあり、室内をジェーンがポラロイドカメラで撮って回ると女の霊が写っていた。
ジェーンが気配を感じて振り帰ると、ドアが一人でに閉まり、一枚の写真が壁から落ちる。
その写真には田中めぐみという女が写っており、その姿は女の霊にそっくりだった。

写真の裏面にはベンのサインが入っており、写真を撮ったのは他ならぬベンだったことがわかる。
田中めぐみの写真をベンに見せると、めぐみはかつてベンの通訳で恋人だったが、病的につきまとうようになった彼女を別れとベンは一方的に別れたという。

呪い

ベンの友人のアダムが撮影中、突然カメラのファインダーが割れ片目を失う大怪我をする。
発見したベンは、ブルーノに相談するため彼のマンションを訪ねるが、ブルーノは突然マンションから飛び降りて自殺する。

ベンとジェーンが自宅に戻ると、二人の結婚式の写真が届いていたが、そこにもめぐみの霊が写っており、日本に来る前から憑かれていたことがわかる。
めぐみの家を訪ねたベンとジェーンは、そこで自殺しためぐみの腐乱死体を見つける。

翌朝めぐみの葬儀が行われ、それを見届けたベンとジェーンはアメリカに帰る。

真相

何事もなかったかのように幸せな日々を送る二人だったが、アメリカの自宅で撮った写真にもめぐみの霊が写り込む。
霊は壁の中に消えており、奥の物置を調べると古いデジカメが出て来る。

そのデジカメにはブルーノとアダムがめぐみに乱暴する写真が写っており、ベンに問い詰めると、めぐみと別れるため写真を撮って脅していたことがわかる。
自分は悪くないと開き直るベンに愛想をつかしたジェーンは去り、一人部屋に残されたベンの元にめぐみが現れる。実

はめぐみはずっとベンの肩に乗っており、それを除こうとしたベンは自らに電気ショックを与える。
ベンは一命こそ取り留めたが、魂を失った人形のようになり、その背後にはめぐみがそっと憑いていた。

レビュー・考察

本作はハリウッド映画だが、方向性は貞子に近い和製ホラー。
ハリウッドホラーにありがちな直接物理攻撃ではなく、対象の精神をじわじわ削り精神的・社会的に追い込んで行く。

心霊は何かを訴えたくて写真に写り込むというテーマのもと、めぐみが何を訴えたいのか?
ジェーンが真相を突き止めるのが映画の筋。

結果から言うとベンに捨てられためぐみが恨みを果たす話になるのだが、ベンは初めから誰が写っているのか知っていたよね??
霊媒師ムラセの儀式で、インチキと断定して帰ったのは真相がジェーンにバレるのを恐れたからだね。

不思議なのが、めぐみの霊が写り出したのが、ビルとジェーンの結婚式からだったこと。
ビルとめぐみが付き合っていたのは、かなり前な感じだった。
その後アメリカに帰ったビルがジェーンが付き合ったのなら、結婚前の写真からすでに写り込んでいるはず…

めぐみが自殺したのが、結婚式のあたりだったのだとしても、死体は腐乱しており不自然。
ということはビルがジェーンと結婚しなければまだ許せたが、結婚したのが許せなかったのだろうか?

最後の方はジェーンにもめぐみの霊が攻撃しているあたり、ラストでジェーンが別れなかったら多分ジェーンも犠牲になっていたんだろうね。

ジェーンに捨てられ、電気ショックで心神喪失になったビルにめぐみの霊が付き添ってエンド。
悪は滅び、めぐみ的にも万事OKのハッピーエンドだ。

どうでもいいけど、自殺するのに青酸カリびん3本は明らかにオーバーキル。
その致死量は0.2グラム、耳かきのさきほどで十分なのにどれだけ生きていたくなかったんだろう。

プライムビデオですぐに見る➡︎ Shutter (字幕版)

プライムビデオ無料体験

コメント

タイトルとURLをコピーしました