赤ちゃんと行くお出かけスポット「ANIMAL WONDER REZOURT-サユリワールド」

サユリワールドってどんなところ?

今回は千葉の中央部市原市にあるサユリワールド!

ここはぞうの楽園市原ぞうの国のすぐそばにあるふれあい型動物園。
ぞうとも触れ合えるぞうの国の園長さんがやっているだけあって、ふれあいの濃密さは最高峰レベル。
コロナの影響で濃厚接触が各地で禁止されるなか、動物たちと濃厚接触できるのか見に行ってみた。

アフターコロナのサユリワールド

最近改装されてすっかり美しくなった園内、お洒落な飲食店やグランピング施設もある。

中に入るにはマスクと検温、アルコール消毒を受付でしてもらう。
動物の毛でケホケホしたくないからマスクはどうせ欲しくなるし、消毒は平時でも必要だから影響ないな。

ちなみにコロナ関係なくベビーカーは持ち込めないので子供づれは要注意だ。
動物がかじったりしたら危ないもんな。

さて、一歩園内に入るともうそこはアニマルワールド。
カピパラやアルパカ、シカが放し飼いでが闊歩し、クジャクや謎の小さい鳥が園内狭しと走る回る!

IMG_1146

このワイルド感、たまらねぇぜ…動物たちは大人しいけど貪欲に餌を求めてくる。
ふれあい動物園で何が悲しいって動物たちがお腹いっぱいで相手してくれないことだが、
サユリワールドではそんな心配は一切ない、どういうわけかいつもアグレッシブに餌を求めてくる。

スタッフはあちこちにいるから困っても心配はないけど、動物なれしていない人や小さな子供には恐怖かも…ちなみに餌は入場料と別料金、バナナとニンジンが小型のバケツに入って500円だ。
1000円分くらい買わないとすぐになくなる。
そしてサユリワールド最大の目玉はこちらのキリン!

なんとキリンの餌やりが楽しめる。こんなんここだけだろ!という魅力的なアトラクションだ。
キリンの長い舌に直接バナナを置く経験なんて絶対できない、レアな思い出を作りたい人には自信を持ってオススメする。

ちなみにぞうの国では当たり前のように象とのふれあい、餌やりが楽しめる。
おそるべしさゆり園長…アフターコロナで地味に嬉しいのはウサギとのふれあいができること。

ウサギのふれあいは室内で行っているのがほとんどで、コロナ以降密密するので休止しているところがほとんんど。
やっていても先着十五人までとかで条件が大変厳しい。
しかし、サユリワールドのウサギ園は屋外にあるのでそんなん御構い無し。
もっふもふなこどもウサギとのふれあいも十二分に楽しめる、これにはウサギ大好きなうちの娘も大満足だ!!

IMG_1148

気になるのは園内の手洗い設備の少なさ。
園の出入口の建物内にある以外は、キリンのふれあいコーナーのカフェにある程度。
はっきり言って少なすぎる。

誰かが触れた動物に触れるわけだし、そうでなくてもなに触っているかわからない動物に触れるのだからしっかり手は洗いたい。
とくに小さな子供は動物触った手をすぐに舐めるから心配になる。
ぞうの国も少ないからぜひこの辺は改善してほしい。

サユリワールドだけだと、1時間くらいで餌も無くなるし、見終わってしまうからその後の立ち寄りも決めていこう。
すぐ近くのぞうの国に行ってもいいが、ふれあい動物園には変わりない。

高滝湖は地味なので、ここはリニューアルした道の駅むつざわをオススメ。
サユリワールドから車で20分くらいだ。

道の駅むつざわ

IMG_1147

地元農産物や花は当然として、レストランになんと温泉施設まで備える。
コロナに負けず温泉施設もやっているから心配無用。
動物とのふれあいで汗をかいたらこちらで流していくのがいいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました