こどもと一緒!「マザー牧場」アクセス・アトラクション紹介【年パスホルダーオススメ】

マザー牧場は千葉県の中央やや南、富津市にある観光牧場。

広大な園内には、うま、うし、ひつじ、やぎ、アルパカ、うさぎ、モルモットなどいろんな牧場の仲間たちがいます。
愛らしいショーやふれあいが楽しめ、赤ちゃんも大よろこびです。

それだけではなく、園内は自然にあふれ、季節ごとの美しい花畑を見ることができます。
農園での収穫体験もできるので、大人でもちょっとしたリゾート気分を味わえます。

ここではマザー牧場に行ってみたいけど、どんなことができるか知りたい、赤ちゃん連れは不安…というファミリー向けに、実際に行ってみたアトラクションの生レビューをお伝えします。

夏のペチュニア畑

こどもと一緒!「マザー牧場」アクセス・アトラクション紹介

アクセス

車なら君津スマートICから車で20分程度。東京からなら90分程度。
車なら日帰りも可能です。

電車なら、東京駅から2時間程度。JRで君津駅まで行って直通バスで40分程度。
電車は乗り換えもあり、かなり手間がかかるので、赤ちゃん連れなら泊まりをお勧めします。

➡︎マザー牧場周辺のホテル一覧

まきばゾーンと山の上ゾーン

まきばゾーンと山の上ゾーンの大きく2つに分かれており、駐車場もそれぞれにあります。
基本的にはまきばゾーンに駐車すればOKです。
特に赤ちゃんと一緒ならまきばゾーン一択といっても過言ではありません。

まきばゾーンのアトラクション

・花畑
・動物ふれあいコーナー
・こぶたのレース

・うさモルハウス
・うしの牧場
・マザーファームツアーDX

山の上ゾーンのアトラクション

・アグロドーム
・放牧地
・ひつじの牧場
・うまの牧場
・農園

・ジップスライダー、バンジージャンプ
・遊園地

まきばゾーンから山の上ゾーンには坂道を10分くらい上っていかねばなりません。
ベビーカーやだっこだとかなりの苦行となるので注意が必要です。
わんちゃんやぶたちゃんの園内バスもありますが、数分で数100円かかるのでちょっと割高感。

園内バスは2年で3回来ると元がとれる2イヤーパスの特典で無料になります

買いの2イヤーパス

2年間入り放題で¥4,300。入場料大人¥1,500。
千葉県民で子供がいれば2年で3回は軽く来るはず。

特典としては、ショップ5%割引と、園内バスが無料。
2年後に継続するとゴールドに上がって、駐車場が無料になります。

まきばゾーンのアトラクション紹介

赤ちゃんにはコチラのまきばゾーンがオススメです。
園内は広く、花畑やマザーファームツアー、うしの牧場などゆったり遊べるアトラクションが集まっています。
授乳室やおむつかえも、まきばゾーン入口の施設が綺麗でキャパも大きいので、赤ちゃん連れならここだけで十分かもしれません。

花畑

ビジターを気持ちよく迎えてくれる花畑。
3月の菜の花、5月のネモフィラ、夏のペチュニアがハイシーズン。

動物ふれあいコーナー

ひつじ、マーラー、カピバラと触れ合えれるコーナー。
基本的に餌やりはできませんが、優しくよしよししてあげるとよろこびます。
お子さんの情操教育にとても良い影響がありますよ。

うさぎみたいなマーラー

こぶたレース

ここならではのアトラクション、マザー牧場の定番。
かれこれ30年はやっています。

子供がこぶたを追いかけゴールに導くレース。
こぶたは途中で寄り道したり思い通りに行きません。
それにやきもきしながら、子供の頑張りを見守る親御さんもハラハラドキドキ!
表彰台に上がった子供達の誇らしげな笑顔が印象的です。
幼稚園、小学生向き。

3歳以上から参加可能。
人気アトラクションだけあって、熾烈な参加権争いがあります。

うさもるハウス

かわいいうさぎやモルモットと触れ合えます。

うさぎやモルモットはとてもかわいいのですが、コロナ以降入場制限をしており、閑散期でも行列が絶えません。
昼休みは閉まっているのでお気をつけを。

10月ごろ、繁忙期の大行列

うしの牧場

うしとの触れ合いやの乳搾りが楽しめます。
観光牧場の定番ですが、牛乳がどうやってできるのか?を教える食育としてもいいと思います。

マザーファームツアーDX

マザーファームツアーDXは別料金のプレミアムなツアー。
ここでしか楽しめないアトラクションなのでおすすめします。
くわしくははコチラで!

山の上ゾーンのアトラクション紹介

山の上ゾーンはワイルドなアトラクションが多く、小学生以上向け。
施設がまきばゾーンに比べると少し古いので、おっぱいとおむつが取れたお子さんにオススメです。

アグロドーム

アグロドームではシープショーまきばの仲間たちの2種類のショーをやっています。

シープショーはいろんなひつじの紹介。
牧羊犬も出てくるなど迫力があり、ショーの最後はふれあいも楽しめるのですが、少し臭い…

めずらしいひつじとも触れ合えるシープショー

まきばの仲間たちでは、ガラス越しに牧場のいろんな仲間を紹介。
芸達者な仲間たちがユーモラスは動きを見せてくれます。

まきばの仲間たち

秋の繁忙期なんかははとくに混み合います。
シープショーはここならではなので、早めに座席を確保して楽しんでください。

放牧地

アグロドーム裏手は放牧地、ひつじやあひる、アルパカ・ラマと柵越しにふれあいができます。
動物ふれあいは、まきばゾーンのふれあい広場でも楽しめますが、餌やりできるのはこっちだけです。
ひつじ、あひるの餌200円。

立地上ショーの直後は混み合うので時間をずらしましょう。

広大な芝生が広がるので、気候が良ければ敷物広げてお弁当もオススメです。

かわいいアルパカの赤ちゃん

うまの牧場

別料金で、乗馬体験とえさやりが楽しめます。
しかし赤ちゃんにはちょっと厳しい、小学生以上推奨。

ひつじの牧場

ひつじの大行進というショーが楽しめます。
大地を疾駆するひつじの群れはなかなか圧巻。
ひつじハウスでは、3月ごろならかわいいひつじの赤ちゃんと会うことができます

むちゃくちゃかわいいので、ぜひお子さんと見に言ってください。

農園

マザー牧場の一番奥にある農園。
いちごやミニトマトやキウイ、ブルーベリー狩りや芋掘りを楽しめます。

ただ、入場料と別料金ながらそれなりに高いので、ご自宅近くの観光農園でいいのでは?

ジップスライダー、バンジージャンプ

広大な敷地を生かしたアトラクション。
脅威なのはバンジージャンプ。
擬似的とはいえ、生命を自ら危険に晒すという貴重な体験ができます。
完全に大人むけアトラクション。

ジップスライダーはロープで谷を渡るもので、それなりに早そう。
こっちは子供向けアトラクション。

遊園地

山の上の遊園地。
さまざまなアトラクションがあり、1人1回300ー400円程度必要。

遊具に珍しさはありませんが、動物に飽きちゃった子供を連れて来るにはもってこいです。
観覧車は冬なら富士山も見えるので、なかなかの眺望です。

また、遊園地内の建物で持ち込みのお弁当も食べられます。
夏冬の気候の厳しい時は、エアコン完備のここでお弁当しましょう。

観覧車からの眺望、足元の牧場と東京湾、冬なら小さく富士山も見える。

ベストシーズンは?

ベストシーズンはズバリ3月

千葉県屈指の観光地だけあって、春秋はとても混み合います。
3月ごろならまだ寒いので、全体的にすいています。

この頃は菜の花が美しく一面を彩り、天使のようなひつじの赤ちゃんに出会うことができます。
防寒対策しっかりして、天気の良い日を選んでいきましょう。

マザー牧場のコロナ対策最新情報はコチラ!

鴨シーとセットでお得!

鴨川シーワールドと提携しており、コンビチケットシープ&オルカがお得です。
鴨シー¥3,000とマザー牧場¥1,500がセットで¥3,800と格安。

東京からならアクアラインでまずマザー牧場に行って、その後鴨シーがおすすめ。
マザー牧場から鴨川シーワールドは車で1時間程度です。

鴨川はこども連れに優しいお宿がありますので、鴨川で一泊すると良いです。

➡︎鴨川シーワールド周辺のホテルはコチラ!

鴨川赤ちゃんといっしょ!オススメ宿

鴨シーのおすすめコースガイドはコチラ!

コメント

  1. 匿名 より:

    遊園地は2歳くらいでも乗れるのがたくさん

タイトルとURLをコピーしました