【22夏休み!】池袋サンシャインシティでお子さん満足の海・空・宇宙【事前予約・混雑情報】

こどもと一緒!お出かけスポット

みなさん、お子さんにいろんな経験をさせてやりたいと思いませんか?

サンシャインシティでは同じ建物に水族館、展望台、プラネタリウムを備え、それら全てを1日で回ることができます。
この時間的コスパが最強で、1日でお子さんに濃密な経験をさせてやることができます。

しかし今サンシャインシティでは各所で入場制限を実施中…
そこでここでは、8月の土日に実際に行った時の状況から、サンシャインシティの混雑状況や入場制限についてお知らせします。

混雑が心配で二の足を踏んでいる方は、ぜひご覧になっていってください。

池袋サンシャインシティでお子さん満足の海・空・宇宙

サンシャイン水族館

言わずと知れた都会のオアシス。
館内は1時くらいで回れる広さですが、東京のビルの一角で魚だけでなくアシカやアザラシまで見れるのはなかなかすごいです。

事前予約

現在入場には事前予約が必要です。15分ごとに指定された時間に入るチケットをネットで購入可能で、キャンセル・変更ができません。

今回ある8月の土日、思い立っての訪問で当日入場30分前のチケット購入になりましたが、それでも十分取れました。
入り口では購入したQRコードを見せて入場しますが、全く並ぶことなく快適に入場することができます。

ちなみに再入場はできません。
出口から入口にループする作りになっていますので、物足りなければ出口から出ずにループしましょう。

水族館オンラインチケット販売:https://www.asoview.com/channel/tickets/isWuAqQ4GQ/

混雑状況

事前予約のおかげで空いているかと思いきやそうでもありません。
大混雑という感じでもありませんが、水槽の前には常に人がおり、ちょっと待たないと水槽の前には行けないくらいです。
お昼時は人が減るので、タイミングをずらして入場するのも有効です。

11時ごろの入り口周辺
12時ごろの入り口周辺

展示内容

大きく3エリアに分かれています。

・大海の旅
・水辺の旅
・天空の旅

大海の旅

海月空感(くらげくうかん)が面白いです。
ミズクラゲの大水槽はもはや定番ですが、立体的な水槽やクラゲのアーチ、天井から下がった球状の水槽などバリエーションが豊富。

水辺の旅

主に淡水魚類を展示するほか、両生類、爬虫類の展示が充実しています。
毒々しいヤドクカエルや恐竜のようなガイアナカイマントカゲやフィリピンホカケトカゲなどはなかなか珍しいです。

天空の旅

屋外エリアで、ペンギンやアシカ、ペリカンなどを見ることができます。
生き物を真下から観察できるアクアリングと天空パスは見ものです。
他にも頭上にまで迫り出したペンギン水槽天空のペンギンは、ペンギンが空飛んでいるように感じられるここならではの展示になっています。
※ 各日15:55~16:30頃は、給餌のためペンギンが少なくなります。

小規模ながら、アシカとオタリアのショーもやっています。
距離感が近く、親しみを持ちやすいのいいところですね。

Photo aquarium

ランチ

園内の再入場は不可で、園内の飲食店はタリーズのみになります。
ドリンクだけでも500−800円かかるので、予算が厳しい方はお昼を他で済ませましょう。

オススメは早めのお昼をどこかで済ませて、お昼時に入園することです。
お昼の飲食店混雑も、水族館の混雑も避けることができ一石二鳥です。

プラネタリウム満天(池袋)

サンシャイン水族館の同じフロアにあるプラネタリウムなので、時間を合わせると一緒に行くことができます。

こちらも事前予約が必要で、購入後はキャンセル・変更ができません。
一応当日券も取り扱っていますが、予約でほぼ満席になります。
こちらの方が時間に融通が効きにくいので、水族館より先に予約をしましょう。

私たちが行った時は、前日でもギリギリ予約することができましたが、席が前後の並びになってしまいました。

オンラインチケット購入ページが極めて分かりにくいです。
正解は上映作品一覧のページを見ることでした。
満天オンラインチケット販売:https://planetarium.konicaminolta.jp/programs/planetariatokyo/

ちなみにプラネタリウムへは開演の30分前から入れますが、中の準備が整うまで待合室で待たされます。
席は全席予約なので、開演時間のギリギリで行けば十分です。
ただ長い列の真ん中席だと、ゆっくり行くと周囲が埋まっており、肩身の狭い思いをしながら席に向かう羽目になります。
気の弱い方は、真ん中席の場合早めに行った方が無難でしょう。

ちなみに座席は3種類で、寝っ転がれる芝シート、ソファの雲シート、普通の一般シートがあります。
しかし芝シートと雲シートはすぐに予約が埋まってしまいます。
どうしても利用したい方は1年前から予約可能ですので、早めに押さえるようにしましょう。

サンシャイン60スカイサーカス

サンシャインシティ60階の展望台。
大人一人1,200円と高めですが、プラネタリウムか水族館のチケットがあると、一人200円の割引になります。
事前予約をおこなっていますが、こちらは当日券でも余裕です。
再入場が可能で、昼一度来て夜また来るなんて楽しみ方も可能です。

ただの展望台ではなく、ゲームセンターな要素があり、面白い写真が撮れるコーナーや、全面的鏡の部屋、VRアトラクション(別料金500円、7歳から)などが楽しめます。
特に全面鏡の部屋は、自分が何人もいる不思議な光景が広がっており、小さなお子さんはおおはしゃぎしてくれます。

椿山荘で一泊のススメ

サンシャインシティでお子さんをたっぷり遊ばせたら、大人はゆったりしたいもの。
すぐ近くは老舗高級ホテルの椿山荘、ここでちょっと日常を離れて、人生の経験値を積んでみませんか?
高級な調度品の数々とセンスあるスタッフの対応はきっとあなたとお子さんに良い刺激となります。

椿山荘の実泊レビューはコチラ!

タイトルとURLをコピーしました