「葛西臨海水族園」の事前予約・混雑情報・アクセス【21.9月駐車場再開!】

葛西臨海水族園はマグロの回遊が見れる全国でも数少ない水族館です。
都からのアクセスの良さと低料金が魅力で大人気。

2020年12月26日からコロナで休園していましたが、今年6月4日から営業を再開しています。
ここではコロナ明け、葛西臨海水族園が今どうなっているの?行くのに予約とか必要なの?
と気になる方向けに実際に行った時の状況をお伝えします。

行く前にぜひ見ていってください。

「葛西臨海水族園」の事前予約・混雑情報・アクセス

アクセス

・電車、バス
JR京葉線「葛西臨海公園駅」
東京メトロ東西線「西葛西駅」・「葛西駅」➡︎都バス 葛西臨海公園行き 約20分
東京水辺ライン(水上バス)「お台場海浜公園」 約50分

・自動車
首都高速湾岸線 葛西インターチェンジ降りてすぐ

※駐車場
181台(TEL:03-3877-0725)
料金は、1時間まで300円、以後20分まで毎に100円➡︎3時間で900円。
月~金のみ入庫後12時間最大料金1200円。

駐車場はオリンピック準備で、6月1日から9月8日まで使用を禁止していましたが、今は通常通り使えるようになっています。
行楽シーズンは駐車待ちが列を作る駐車場ですが、現在は全く混んでおらず余裕がある状態です。

週末午後2時くらいの駐車場、一番混む時間でも7割程度

繁忙期に車で行きたいのであれば、付近の民間パーキングも検討しましょう。
オススメをいくつかご紹介します。

<近隣の民間パーキング>

タイムズヒューリック葛西臨海ビル

西友南葛西店駐車場

タイムパーキング南葛西
オススメ!少し遠いですが、土日でも終日700円はかなりお得です。

江戸川区なぎさ南駐車場
キャパ大きめ、6時間毎最大500円の最大料金ありで安心。
さらに周囲には小さな別パーキングが2件。

こちらからだと鳥類園の方から歩いて行くことになりますが、お散歩としてはいい感じ。

整理券ネット予約

インターネットでの事前予約が必須です。
9:30-15:00まで30分単位で予約ができます。

毎週土曜日正午に翌週の土曜日から金曜日までの1週間分の受付を開始します。
週末はすぐに埋まるので、待ち構えておきましょう。
>>予約ページ

予約ページではクレジットカードによるチケットの事前購入をすることもできます。
チケットを事前購入しなくても、当日水族園入り口で買うだけなので、どちらでもあまり変わりません。
予約のキャンセルは当日9:30まで可能で、チケットを事前購入した場合、返金してくれます。

整理券のみと事前決済が選べます

当日はゲートを入ったところで予約時にもられるQRコードを出します。
幼児の分まで人数分要求されるので、ちゃんとスクショしておきましょう。

オンライン決済していない人は、その後水族園の入場口でチケットを買います。

中止しているアトラクション

展示はほぼ通常通りですが、体験型アトラクションが全て中止になっています。

・しおだまりでのふれあい
・タッチフィーリンでのサメやエイとのふれあい
・フィーディングタイム
・発光生物コーナー
・レクチャールーム
・ガイドツアー

混雑状況

事前予約で一度の入場人数を絞っているので、概ね快適に回ることができます。
小さめの水槽の周りには人だかりができますが、少し待てば見れる程度。
事前予約なしの時には人しか見えない状態だったので、かなり改善しています。

ランチ情報

レストラン「SEA WIND」は通常通り営業しています。

持ち込みお弁当はレストラン表のテラスで食べることができます。
ゴミ箱や手洗いも近いので安心ですね。
天気の悪い日にはレストランの席をお借りしても良いそうなのです。

快適なテラス席、席数も多く余裕がある

赤ちゃんと一緒の人向け

ベビーカーは入り口のエスカレーターを使えません。
入り口横の屋外エレベーターを使うのですが、バックヤードを通るのでちょっとわかりにくいです。

授乳室は受付で鍵をもらわないといけないから注意が必要です。
どれだけ頑張って探しても、受付に声をかけない限り授乳室は見つかりません。
個室でゆっくり授乳できるのでお父さんも付き添えますし、入ってしまえば快適そのものです。
おむつは園内各所のトイレで替えることができるので、大丈夫です。

ここで出会える海のなかま

大洋の航海者

エントランス入ってすぐの水槽。
サメやエイ、イワシを見ることができる。
イワシの大群はスイミーを思わせる。

カツオやダツの大水槽

ドーナツ型の大水槽。
カツオやダツがすごい速さで泳ぎ回る。

世界の海

世界各地の海を再現したコーナー。
寒い地域の魚は地味で、暑い海の魚は派手と変化が面白いです。
めずらしいタツノオトシゴの仲間リーフィーシードラゴンが実物です。

北極・南極の生き物たち

ちょっと珍しい展示、でも生き物は地味。

マグロの大水槽

葛西臨海水族園の目玉施設。
ドーナツ型の大水槽を300kgのマグロが大群で泳ぎ回る!
壮観な光景なのでぜひ一度は見て下さい。

ペンギン

フンボルトペンギンとフェアリーペンギンが楽しく泳ぐ水槽。
冬場はキングペンギンとイワトビペンギンもいます。
キングとイワトビが出てくると、ホームページにアップされるのでよくみておきましょう。

モントレー湾の水槽

葛西臨海水族園と友好提携しているモントレー湾水族館。
その海を再現した癒しのコーナーです。
静かにたゆたう海藻が静けさと優雅さを教えてくれます。

イキモノマヂカ

準備中の新施設。体験型学習施設の模様。

東京湾の海

小笠原、伊豆七島の豊かな海の美しい魚たちと、普段見慣れた東京湾の中を再現した水槽。
東京湾のゴミ問題などにも触れており、日常生活を考えさせられる。

クラゲ

もはや定番となったクラゲコーナー。
ここにも例外なくあります。

淡水生物館

実は一番楽しいところ。
池沼や渓流が静かに流れ、その水音が癒しの空間を作っています。

ダイヤと花の大観覧車

葛西臨海公園最大のランドマーク。

大人(3歳以上)¥800、3歳児でも容赦なく800円取られます
葛西臨海水族園の半券で、10%割引。
半券がなくても実はホームページに10%割引券があります。
>>観覧車10%割引券

高さ117m、一周17分の空中散歩。
スカイツリーや東京タワーはもちろん、幕張新都心や房総半島までくっきり見える。
公園の概要も掴めるので、最初に乗っても吉です。
実は都心やディズニーランドの夜景が見えるので、夜が美しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました