国際派リケジョママ”かあちゃんまる”の幼児教育

みなさん、お子さんの教育どうしていますか?
先行き怪しい日本でお子さんが確かな未来を掴むにはどうすべきか、みなさんも日頃悩みが尽きないことでしょう。

わが家にも4歳の娘がいますが、将来を確実にするためにはやはり学歴は必要。
そのためには自然と勉強をする友人や環境を用意する必要があると考えています。
開成、桜蔭のような超エリート私立の中高一貫校に入学できれば、東大への近道になりますし、アメリカの大学も視野に入れることができます。

何よりそのような環境で培った友情は必ず将来に生きてきます。
もう根本的な考え方が違うんですよね、超エリートたちというのは。

国際派リケジョママ”かあちゃんまる”の幼児教育

そこでこのコーナーでは、国際派リケジョママ”かあちゃんまる”が実際に行なっている教育メソッドをお伝えします。
かあちゃんまるは、大学卒業後機械系で就職し、海外の事業者と英語でやりとりをしていた国際派リケジョです。
そのため、どうやったら理数系でかつ英語ができるようになるか熟知しており、そのノウハウを現在は子育てに生かしています。

おかげでわが家の4歳児はあいうえおより先にABCを覚え、すでに足し算を理解できるようになりました。
よろしければ、みなさんのお子さんの教育にも取り入れてください!

3歳児からの英語教育メソッド

かあちゃんまるの英語教育メソッドをご紹介!
一切教えない、日常刷り込み式英語教育とは!?

3歳から始める足し算

数学は世界共通の原理原則、いわば超国際言語です。
3歳児からできる足し算教育をご紹介します。
我が家の娘はこの方法で数ヶ月で足し算ができるようになりました。

おうちでようちえん/ピアノメドレー

幼稚園がお休みの日もおうちでピアノをしたい!
でもピアノがない、ピアノなんて弾けない!
そんなみなさんのために幼稚園でよく聞く曲をメドレーにしました。

自作おもちゃと絵本

わが家では、赤ちゃんのおもちゃや絵本を自作しています。
自作することで、親子で楽しくメリットたくさんでした。

きかんしゃトーマスに考えるイギリス式幼児教育

きかんしゃトーマスは、子どもに実社会を教えるための教材だった!?
ここではきかんしゃトーマスを見ていて気がついたシビアな社会描写をお伝えします。

タイトルとURLをコピーしました