人それぞれの大事なもの、それは‥「コンテイジョン」

Amazonビデオ

今日のAmazonビデオはコレ!

コンテイジョン (字幕版)
マット・デイモン
2013-11-26


アメリカ人のベスは香港での出張の帰途にあった。空港で電話をするがどうにも咳が止まらない。
ベスの夫ミッチは継子クラークとともに彼女を迎えるも、ベスの体調は回復しないどころかクラークも体調を崩し始めた。
数日して突如ベスは痙攣を起こし帰らぬ人となる。ミッチが悲しむ暇もなくさらにクラークも亡くなってしまう。そしてベスの元恋人ジョンも同じ症状で亡き人となる。
おなじころ、アメリカ国内だけでなく香港や日本でも同様の死者が出始める。
事態を重く見たCDCはこの感染症の対策に取り掛かる。
女医のミアーズはコレが飛沫により触れることで感染する感染症であることを発見し、ベスの行程を追うことで原因究明に当たろうとするが、特定には至らない。
そうしているうちにとうとうミアーズ自身が病に倒れる。
フリージャーナリストのアランはレンギョウでこの病を治したと吹聴し、ネットで英雄となる。
そして起こる大混乱、ワクチン開発が遅々として進まないなか、パニックを起こした群衆はついに各地で暴動を起こし始めるのだった‥

恐ろしい感染力と致死性の感染症が世界レベルのパンデミックを起こす話。
主人公はあのマットデイモン。
そう霊感がありすぎて誰も幸せにできなかったり、宇宙の果てに取り残されてトチ狂ったりと我らが幸薄さんだ。
今回は幸せな家族と暖かな家庭、仕事で忙しい妻を迎えた団欒の時間‥
誰がどう見ても幸せいっぱいだ。
序盤で奥さんと継子が亡くなっちゃうまではね‼️
さらにこの奥さんが冒頭で電話していた相手は‥
うーんもうこの人どうやっても幸薄にされてるよね!?確信犯的に!
彼のリアルが幸せたくさんであることを願ってやまないよ。

なぜか発症しない彼とその娘がなんとか生き延びるお話を軸に、CDCの奮闘や自分の大切な人たちを必死に守ろうとする人、混乱を利用してのし上がろうとする人たちの群像劇を描いている。
こういう話って日本人的感覚だと自己犠牲で頑張った人が1番偉いみたいになりがちだけど、外人も同じなんだろうか?
いや偉いのは間違いない。でも家族や故郷を必死で守った人も同じように偉いと思うんだよね、個人的には。
人間追い詰められた時に本性が出るというけど、そんないろんな生き様を見せつけられる群像劇、皆さん誰に共感するか考えながら見てほしい。
ちょっと触れただけで死に至る病の恐怖はなかなかのホラー、コレを見た後は近くの人の咳が気になってやまなくなっていることだろう。
 

タイトルとURLをコピーしました