ブリティッシュ両さん×相棒「ブリッツ」

今日のAmazonビデオはコレ!

ロンドンの警官ブラント、悪者を容赦なくぶちのめす彼のやり方を新聞は問題視し大々的に報じていた。
そんな折、 警官が射殺され事件が起こる。
妻を亡くし休養中の警部の代わりに、ロンドン西署よりナッシュが警部代理として派遣され捜査にあたることになる。
事件を追う彼らをあざ笑うかのように、ある新聞社に警官をあと8人殺すとタレコミが入る。
そしてまたひとり警官が射殺されてしまう。
ナッシュの的確な指揮のもと、捜査を進める署員たち。
ブラントもそんな彼に信頼を置くようになり、聞き込みで得た情報から捜査線に上がったひとりの男の家に2人で踏み込むことになる。
踏み込んだ家でブラントが出会ったのはかつてブラントがビリヤード場でぶちのめした奴だった。

暴力警官ブラント。
見かけた車上荒らしをホッケーみたいなスティックで滅多打ち!容赦なし。
ってかなんでこの人自宅にそんなスティック置いてんの?少なくとも競技用じゃないよね?
しかもボッコボコにするだけして逮捕しないのかよw
その件でうけた取り調べでも首をちらつかされ、天職なんだ(名言)、舐めたことすると何するかわからんぞと脅す始末。
いやーのっけから飛ばしてくれる。
ただバイオレスなだけでなく、妻を亡くした警部のために花を送ったり、一緒に飲んでやったりと人情に厚く人望もある。
こんな人どっかでみたな〜と思ったらあいつだ。
こち亀の両さん!!
作を重ねるごとに丸くなって行ったが、初期はほんとこんな感じのバイオレスポリスマンだったんだよ!
懐かしいノリに目頭がなんか熱くなってきたぞ〜

ナッシュもいい奴なんだよな、ゲイであるがゆえに過去に嫌がらせを受け、うつ病になって問題児のいるロンドン警察に来ることになるんだけど、
それでも腐らずまじめに捜査を続けるし、そんな彼をブラントも認めてゲイ趣味を押し付けなければ勝手にしろと趣味で差別したりなんかしない。
上司と部下なんだけど大原部長みたいな関係じゃなく、インテリ上司とパワー系部下でドラマ相棒を彷彿とさせる。どんなドラマかよう知らんけど。

ステイサム無双はあんまりないし、犯人ものっけから明らかでサスペンスでもないけど、
ブラントの気持ちのいい男っぷりにゲイでなくてもメロメロになるはずだ。
そんなバイオレスだが人情味溢れるステイサム無双
こち亀が終わって物足りない日々をお過ごしの諸君におススメする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました