これが無だ!うごごごご「ゼログラビティ」

Amazonビデオ

今日のAmazonビデオはコレ!

ゼロ・グラビティ(字幕版)
サンドラ・ブロック
2014-04-09



宇宙飛行士のライアンは上司のマットとともに、スペースシャトルでの船外活動に従事していた。
ヒューストンより通信が入る。ロシアの人工衛星が自爆して大量のスペースデブリが撒き散らされたと。
デブリの軌道はスペースシャトルの軌道とは異なると楽観し作業を続けるふたり。
しかしデブリは次々に衛星を破壊、さらなるデブリを生み出してスペースシャトルに迫ってくるというのだ。
作業を中止するよう指令がくるもライアンは逃げ遅れ、大量のデブリによりスペースシャトルより投げ出されてしまう。
暗く、静かで、広大な宇宙空間に、ライアンの心臓の鼓動だけが鳴り響いている…

漂流パニック。主人公、名前はライアンだが女性です。
この作品映像美が素晴らしい。
美しい地球、深い宇宙の闇、大破する機器の怖さどれもリアリティがスゴイ。
宇宙の無重力ゆえの流れに流される恐怖もよく表現されており、
あーそこ掴まってー、手を離すな!頑張れー!と思わず叫びたくなるシーンがいくつもあるぞ。
その映像美以上に実は音声の使い方が上手い。
劇中でラジオを止めるとBGMも止まる。そして恐ろしいまでの宇宙の静寂が訪れるのだ。
この静けさ、無音という音をここまで生かしきった作品はなかなかない。
そして次第に早くなる鼓動だけが静寂に響いている。
この音声の使い方だけで見る価値は十分だ!

主人公のライアンはデブリが来るから撤退命令が出ているのに、作業を終えられなくて被害が拡大したり、助けてもらったのにキレたり、思い通り行かなくてキレたり、パニックになってどんどん状況悪くしたりしてくれる。
その大活躍っぷりにコイツワザとやってんのか‼️と思わず突っ込みたくなるが宇宙経験が乏しい設定みたいなので寛大な気持ちで見守ろう。
なんかもう自爆しまくりなのにラッキー🤞でどうにかなっちゃうから、ん??😳と思わずにはいられない。
地球で漂流して苦難の末数々の工夫で生き延びたおっさんとか火星に取り残されても知恵と明るさで生き延びたおっさんの爪の垢でも煎じて飲んでもらいたい。
これ漂流したのがマットだったらあっさり生還して映画にならんかったろうなぁ〜

木造なのかってくらいよく燃えるISSとか気になる点は多々あれど、それを凌駕する映像美と音声、そして息つく間のない恐怖の連続に、画面に目が画面に釘付けになること間違い無い。
そんな最新の技術で「無」の恐怖を余すことなく表現した意欲作、宇宙旅行前に見ておくことをオススメする。

結局ロシア衛星の自爆って陰謀だったんだろうか事故だったんだろうか?
その辺掘り下げてくれるともっと面白いと思うんだけどなぁ
 

タイトルとURLをコピーしました