これがイギリス人のスルースキルだ⁉︎「キラーエリート」

Amazonビデオ

今日のAmazonビデオはコレ!

キラー・エリート (字幕版)
ジェイソン・ステイサム
2013-11-26



腕利きの殺し屋ダニー、作戦中子供がいたことに戸惑い重傷を負う。
仲間に救われ一命を取り留めるも心の傷は深く、殺し屋をやめオーストラリアでひっそりと過ごしていた。
そんな時、一枚の写真が届く。老練な元殺し屋仲間ハンターが、作戦に失敗し逃げるところを捕まったというのだ。
ハンターのためカタールに向かうダニー、そのミッションは長老の息子の仇のSAS隊員3人を、殺しの自白を取った上で、事故に見せかけ殺してほしいという無茶なものだった。
かつての仲間を集め、情報収集をするダニーたち。
しかしその動きは秘密結社フェザーメンのエージェントで元SAS隊員スパイクに嗅ぎつけられていたのだった‥

罪ない人の殺しを良しとしない殺し屋ダニーを演ずるのはご存知ジェイソンステイサム。
うーんまるでどっかのメカニックのような話だ。
ステイサムは裏稼業みたいな役柄が多いけど、素直にアメリカンヒーローみたいのやったらどうなんだろう?
ふむ、似合わないな。

さて、今回もいつも通りの役柄だが、今回は仲間がいるのが心強い。
二人の仲間メガネも爆弾もみあげも流石に歴戦の勇者、ステイサムを全力でサポートだ。

ってうーんこいつらなんかやったっけ?
いまいち活躍が思い出せない、それどころかこいつらほんとにプロかよ?的なイメージしか残ってないぞ⁇なんでだ?
ロバートデニーロ演ずるハンターも、なんだか金に汚いわあっさり捕まるわでなんだか頼りない。
まぁデニーロはあっさり刺客を返り討ちにしたり強いのは間違いなんだけどね。
結局どいつもこいつもダニーさんなんとかしてください!ってノリだから、いい人は苦労する。
そんな役回りも含めてステイサムの平常運行と言えるかもしれない。

さて、もう一人の豪華主演クライヴオーウェン。ステイサムとのアツイ闘いは必見だ。
ステイサム作品だと無双しちゃうことがおおいけど、今回はこいつのせいでとにかく苦戦を強いられる。
病院でのバトルではあわや負けるかというとこまであるくらいだ。
目潰しや金的など手段を選ばない闘いっぷりは、甘さのない非情なエージェントそのものだ。
しかしあれだけ屈強な男たちが大暴れして、ドア一枚隔てた向こうではいつも通りの病院ってのは、
どんだけスルースキル高いんだよイギリス人
と、流石に突っ込まざるを得なかった。
ダニーがSASに潜入するシーンでも、それっぽい格好で潜入すれば誰も部外者に気がつかないとか、もしかして他人に興味が全くないのか!?と疑いたくなる。
いや、それでも点呼ぐらいとれよSAS‼️
ほんとにこいつら特殊部隊か…?
この映画実話を基にしておりそのリアリティはこのとおり流石なもの。ボストンブレーキも是非見てほしい。

なんかネタ映画みたいになってしまったが、いつものステイサム無双だけでなく、最強のライバルがいるのは面白い。
後半の三つ巴バトルではステイサムが超人的な動きを見せてくれる。
豪華キャストによるバトルは迫力満点、ぜひみなさんにも見てほしい。

タイトルとURLをコピーしました