迫り来る影、その正体は最強のレスラーだった!?ホラー(物理)「ライトオフ」

今日のAmazonビデオはコレ!

ライト/オフ(字幕版)
テリーサ・パーマー
2016-10-22

夜の社内、従業員はいつ通り退社前の見回りをしていた。
電気を消すと、電気のついている部屋の向こう側に見慣れぬ人影が浮かぶ。
確かに社内ではマネキンを扱っているが、あんな不恰好なモデルはない。
正体を確かめるべく電気をつけるが、 そこに姿はない。
少し安堵して再び電気を消す。
するとその影は再び現れた!それもさっきより近いところに‼️
従業員は上司に何かいることを報告してそそくさと退社した。
翌朝、上司は体を引き裂かれた状態で見つかった。

話の入りはこんな感じ。いわばここがstage1 。
stage2はさっきの上司の家庭で、子供がこの人影に出会う。
この後はこの子供、マーティンを軸に話は進む。
暗がりのいたるところに現れる人影、ワープして来るような恐怖はなかなか。
この人影何が怖いって影さえあればベッドの下にでもワープして来る。
知恵もあり、ブレーカーを落として地下に誘い閉じ込めるなんて芸当もやってのける。
それでも、カバンの中とか衣服の中に現れたり、トイレやお風呂の時にブレーカーを
落とさないあたり案外奥ゆかしく遠慮深いやつなのかもしれない。

そしてこの人影、何が1番怖いって、攻撃方法が物理一択なのだ。
ポルターガイストとか霊障とかまどろっこしいことは苦手らしい。
基本的には体当たり、フェイバリットはボディスラムだ!
ごめん、やっぱり奥ゆかしくないわ。
こんな化け物に登場人物が一体どう立ち向かうのか!?

それは…警察を呼ぶことだった。
この手の映画だとなぜか周囲の人物を疑ったりで警察を呼ばなかったり
呼ぼうとしても電話が通じなかったりするのだけど、本作ではそんなことはしない、
パワー系ですもの。

ゴーストがパワー系だったり、登場人物がホラーにあるまじき常識的判断を
したりとか、ツッコミどころは多いけど迫って来る恐怖は本物。
夏ももう終わっちゃたけど、秋の夜長にもホラーもおすすめだ。
これであなたはもう電気を消して眠れない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました