あなたは漂流していませんか?トム・ハンクス究極の一人芝居「キャストアウェイ」

今日のAmazonビデオはコレ!



世界宅急便フェデックスに勤める敏腕エンジニア チャック・ノーランド。
彼は今日も世界中を駆けずり回り、トラブルの解決に努めていた。
今日も彼は、宅配便を世界に届けるため飛行機に乗り込む。
しかし嵐に巻き込まれ墜落する飛行機。
幸運にも生き延びた彼がたどり着いたのは、無人島だった…

ということで、おっさんが地球でサバイバルするお話。
俺帰ったら結婚するんだってなった途端飛行機が墜落するあたり
死亡フラグは世界共通らしい。
いや、でも死んでないから共通とも言えないか。
手持ちの荷物も飛行機からかろうじて持ち出したわずかなものと
流れ着いた宅急便だけ、どっかの火星サバイバーみたいに冗談を言うでもなく、
ましてや16進法で通信したりじゃがいもをつくることもできません。
ハイ、と言うわけでこっちは結構悲惨です‼️
火星より地球の方が悲惨ってどう言うことだよ。

水を求めて雨露を集め、ヤシの実割れば怪我もする。
治療しなかった歯はここぞとばかり痛みを訴える。
食べ物はない、脱出も失敗、火も起きない、靴もなければ歩くのもままならない。
テレビもねぇ、ラジオもねぇ 、車も全く走ってねぇ
おらこんな島いやだ〜♪って途中から違う人が乗り移ってしまった。
こんな状況からどうにかして生き延びる彼のバイタリティは眼を見張るものがある。
1つ確かなのは、島で出会った彼のかけがいのない友人がいなければ、
彼は生き延びることはできなかったことだろう。
そして来る脱出の日、その先に彼が何を見るのか皆の目で確かめて欲しい。
彼のCastAwey=漂流とはなんなのかを。

発達しすぎた文明に辟易することもあるけど、
こう言うの見るとやっぱり文明の利器って偉大だね。
ビバ地球平和🙏

コメント

タイトルとURLをコピーしました