【22.1月】「ふなばしアンデルセン公園」のイベント・混雑状況【親指姫舞台見学実施中!】

こどもと一緒!お出かけスポット

ふなばしアンデルセン公園は千葉県船橋市にある総合公園です。
お子さん向けアトラクションが充実しているだけでなく、ヨーロッパの風を感じることができ大人も子供も楽します。
その実力は本物で、トリップアドバイザーで日本国内3位に選ばれたこともあります。

そんなアンデルセン公園も新型コロナウイルス対策で入場制限やアトラクションを制限していました。

この記事では、今のアンデルセン公園の混雑状況はどうなの?
制限しているアトラクションとかあるの?事前予約とか必要なの?
と気になる方向けに、実際に行った時の最新情報をお知らせします。

行く前に一度ご覧になってください!

「ふなばしアンデルセン公園」のイベント・混雑状況

北欧情緒の出た童話館

11月は繁忙期ということもあり、事前予約など厳しいコロナ対策で施設を行なっていました。
しかし12月からは事前予約も必要なくなり、当日に行っても入ることができます。

屋内施設も使用禁止になっていたこともありますが、現在は針の城レストハウスや童話館、こども美術館も使用可能です。
さらに人気の親水施設アルキメデスの泉や動物触れ合いコーナーも復活しており、かなり通常営業に近づいてきました。

冬季は例年空いており、遊びに行くには最高のチャンスです。

イベント

チューリップまつり

2022年1月2日(日)~1月30日(日) 
園内が20種類5万株のチューリップで彩られます。

混雑状況

冬の閑散期、全体的に空いています。
これまで人が多くて敬遠していたアトラクションにチャンレンジする大チャンスです!
この時期は駐車場も300円と安くなる上、繁忙期は午前中で埋まってしまう北口駐車場にも余裕で泊められます。
初めての人にこそむしろ冬季をオススメします!

アスレチック、アルキメデスの泉

大すべり台やじゅえむタワーは空いていて大チャンスです。ローラーすべり台も待ち時間なし!
森のアスレチックも空いているので、行列とか他の子との接触が気になる方にも安心して遊んでもらうことができます。

いつもは混み合うじぇえむタワーも余裕です!

さらに親水施設アルキメデスも再開!美しい水景風景が蘇りました!
冬は寒くて厳しいですが、遊んでいるお子さんもちらほら。

動物ふれあい広場

ヤギやひつじ、ウサギやモルモットとの触れ合いやポニー乗馬もコロナでの中止していましたが、今は再開します。
しかし広場内は入場制限を行なっていますので、週末は少し並ぶ必要があります。

イベントドーム

イベントも再開しました。
ジャグリングなどのパフォーマンスを見ることができ、公園全体が賑やかになっていい感じです。

こども美術館

各アトリでのクラフトは再開しています。

アンデルセンスタジオでの童話体験は中止しています。
でも1月31日までの土日祝、親指姫の舞台セットを無料で公開しています。

アンデルセンスタジオは通常お話あり、参加型の劇ありで90分の童話体験コースですが、無料見学は約10分。
90分もガマンができないというお子さんでも安心ですね。

中に入れば大きなお花のセットがあったり、気分は親指姫。
この機会に親指姫の世界を楽しんでいきましょう!

こども美術館内の休憩所も使えるようになりました。
室内で持ち込み弁当を食べることができるのは助かりますね。

花の城レストハウス

空調完備の屋内休憩施設も使用が可能になりました。
ここのレストハウスが一番綺麗、この寒い時期、持ち込み弁当派には助かりますね。

童話館

休止していましたが、再開しました。
ここもかつては屋内飲食ができるところでしたが、現在は休止中。
持ち込み弁当は針の城レストハウスを使いましょう。

年間パスポート期間延長

年間パスポート所持者には、有効期限に応じ最大6ヶ月期間の延長を実施中。
https://www.park-funabashi.or.jp/and/topics/info_02.html

アンデルセン公園って?という方は、まずはコチラ!

タイトルとURLをコピーしました