ソフトの進歩、ハードの進歩、人の進歩、それぞれの近未来「レプリカズ」

今日のamazonビデオはコレ!

レプリカズ(字幕版)
ジョン・オーティス
2019-10-16

近未来、科学者のウィリアムは人の意識を移す研究をしていたが、人の意識だけはうまくいかなかった。
ある時、ウィリアムが家族でレジャーに出かける途中で自動車事故を起こし、妻モナと三人の子供を亡くしてしまう。
嘆き悲しんだウィリアムは研究チームのエドを呼んで、家族の意識を取り出すことにする。
研究室から培養装置を運び出し、別荘の地下で家族のクローン体を作ろうとするウィリアム。
エドはこれまで成功事例がなく、設備の私的利用からも反対するがウィリアムは実行を決意する。
しかし培養装置は3つしかなく、家族の誰か1人を諦めなくてはならなかった。
ウィリアムは末っ子のゾーイを諦め、家族の意識からその記憶を消す。
ウィリアムの執念で奇跡的に完璧なクローンボディは完成、しかしそこに意識を移すことは何度シュミレートしてもうまくいかなかった。
ウィリアムも諦め妻の手を取っていたところ意識に反応が!
ウィリアムはクローン体への意識のインプットに必要な最後の鍵を突き止めたのだった。
そして子供2人の意識も移し替えウィリアムに普段の日常が帰ってきたのだった…
(あらすじここまで)
来たる未来、人類はとうとう意識のデジタルデータ化に成功した。
ハードデバイスにコピーされた脳は、宙に浮かぶ複数のタッチスクリーンにより自在にファイルを操作することができる。
時に手先です、時に両腕で豪快にスクリーンをいじる姿はまさに未来、マイノリティリポートさながらである。
大事な意識のデータを入れるハードデバイスももちろん未来。
壊れないよう金属のガードが付いたそれはまさにアウトドア用ハードディスクドライブ!
流石だぜ近未来。
見た目弁当箱だが、モンベルとバッファローの共同開発でお値段¥49800で1TBってところか…
ってか今ですらクラウド化時代にHDDってwww
今でこそネットやソフト面は技術進んでいるけど電車や車とかハードってあんまり進んでいないもんな。
近未来の姿としては逆にリアルなのかもしれない。
この作品でも自動運転とか全然だもんな。
ふつうに嵐の中運転して、一度事故りそうになったのにそのまま飛ばして事故るんだもん。
田舎のヤンキーと変わんないよ近未来。
クローン体作る培養カプセルだってバイオハザードで出てくるカプセル見たいの想像するでしょ?
違うのよ大きめの水槽を金属でガードつけた見たいなやつなの。
ジョイ本でDIYしました。制作期間は1ヶ月で材料費¥20000です、って感じ。
小さいから奥さん体育座り体勢じゃん。
そんなとっても身近な感じの近未来。
でもいつも時代も変わらないのは男の友情だよね!
ウィリアムの無茶ぶりに付き合い続けるエドがいい奴すぎるんだ。
なんせ、金曜の終業後深夜に呼び出されて事故っちゃったどうしようから始まって、
研究機材持ってこい、果ては家族の死体を始末しろという無茶っぷり。
さらには子供の1人を諦めることになったウィリアムはエドに1人選べとかいう有様。
そんなんたくされたエドには重すぎるって…
研究というか犯罪に巻き込んで置いてその仕打ちである。
それでも付いていくエドに幸多からんことを祈るばかりである。
そんなステキな近未来の訪れをみんなで歓迎しよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました