悟るオキアミとペンギンダンス!「HAPPY FEET2」

今日はAmazonビデオから娘のオススメを紹介しよう!

舞台は南極の一角、コウテイペンギンたちが住む皇帝ランド。
すでに住所のネーミングがすごい。郵便屋さんも仰天である。
皇帝ペンギン達は心の歌を歌い家庭を築いて暮らしていたが、
その中の一人(?)であるマンブルは歌が生まれつき絶望的に下手で、とくいのタップダンスで皇帝ランドの危機を救った。
本作タイトルに2とあるように続編である。このエピソードは1で見ることができる。
さて、そのマンブルの影響で踊るペンギンランドとなった皇帝ランドはマンブルの妻グローリアを中心に楽しく暮らしていた。
子供のエリックも生まれていたが、エリックはダンスが下手でそれをからかわれたことをきっかけに家出してしまう。
マンブルがエリックを探しに皇帝ランドを出ている間に皇帝ランドの入り口が天災で閉ざされてしまい、グローリアをはじめとした皇帝ペンギンたちは閉じ込められることになる。
必死に救助しようとするマンブルだったが…
という感じのお話。
主人公はもちろん子供の容姿のままあざとく大人になった皇帝ペンギンの(笑)マンブルなのだが、
もう一人の主人公はなんと二匹のオキアミである。
ある一匹のオキアミが群れで生きることに疑問を感じ、食物連鎖の頂点目指して友人と旅に出るのが始まりである。
しかしこのオキアミ、旅に出た理由もそうだがどこか哲学的なのである。
いやむしろ食物連鎖の底辺で儚く命を散らす運命にある彼だから行き着いた境地なのかもしれない。
クライマックスでグローリアの歌を聴いてなぜ歌っているのか?という疑問に対して
実存という恐怖からの解放
という答えを、さらっといってのけるのだ。
オキアミにそんなこと言われたらもうなにも言えねーよ。
そんなかっこいいことをのたまふオキアミさんだが、その実態はただの三枚目である。
いろんなトラブルにひたすら巻き込まれて慌てる様がコミカルなのか我が家の娘は異常にお気に入りである。
私に言わせればデザインがリアルすぎて若干キモいのだが…
IMG_3785

メイドインUSAらしいというかリアルにデザインするのは得意だが、ディフォルメして可愛く仕上がるのは下手である。
この映画人間も出てくるけどそこだけ実写だし。
その人間たちがイワトビペンギンのラブライスとwe are the champion.を熱演するシーンはなかなかだ!
ここでクイーンかよ!という感じである。
そう、実はこの作品歌が素晴らしかったりする。
マンブルの妻のグローリアはマンブルとは対照的に昔から歌が大得意。
オープニングのタンスから挿入歌、ラストのダンスまでどれも素晴らしい出来なんだ!
特に挿入歌のbridge of lightは名曲、一度は聞こう!
そりゃオキアミも悟るわ…
そんなあたりもしかしたらディズニーのミュージカル路線を意識したものがあるのかも…
少なくも前作ではここまで名曲ぞろいではなかったと思う。
単純に音楽性の違いかもしれないけど、本作の方がおそらく日本人の皆さんには親しみやすいだろう。
前作の方がストーリーはいろんなテーマがあっていいんだけど、ちと重い。
本作はシンプルなエンターテイメントとして我が家の娘も絶賛だ!
さあ君もレッツダンス💃🕺

コメント

タイトルとURLをコピーしました