プライムビデオ「ロスト・エモーション」が5分でわかる!【ネタバレなし】

これがディストピア社内恋愛!?

あらすじ

サイラスはいつも通り白い部屋で目を覚ました。

なにもない部屋で味気ない朝食を採り、他の人と同じ白い服を来て仕事に行く。
この世界では感情は制御され、感情を出した者はSOS発症者と呼ばれ施設送りになっていた。

そんな時、サイラスはレベル1のSOSと診断されてしまう。
その頃から同僚女性のニアが気になるサイラスは、ニアが飛び降り自殺の光景をを見て動揺していたことで彼女がSOSではないかと疑う。
そしてとうとうニアは自身がSOSであることを打ち明け、2人は禁じられた接触を行ってしまう。

しかしニアと接触していることは管理職のレナードにバレており、2度と接触しないよう釘を刺される。
サイラスは仕事を辞め、ニアと距離を置くことにする。

それでも気持ちを断ち切れないサイラスは知人の誘いでSOSの隠れ感染者の集いに参加する。
そこで感情があるのが自然な状態であることを知り、ニアと一夜を過ごすのだった…

レビュー

ザ・ディストピア。
感情だけでなく出産までもコントロールされ、選択や自由はない世界で人々はサイコーに効率的な毎日を送っていた。

そんな皆さんが過ごす部屋はまさにミニマリストの匠。
シンプルザシンプル。

無印良品で揃えたような家具は驚きの白さに一切の飾りっ気はなし。
シャワーなんてガラス張りでトイレに男女の区別がないんだぜ。
感情がないから恥ずかしくないのかもだけどあえて各所をムラムラしそうな作りにした意味はなに??

どうでもいいけどこういうシンプルな部屋とか感情ない人間とか、高生産性の人物として結構なインフルエンサーになっているよな。
SOSレベル4になると生産性のない人物として施設送りになるあたり妙なリアルを感じたよ。
高生産性インフルエンサーの理想の世界はディストピアだったんだね!

まぁ平たく言えばこの映画、終始禁止された社内恋愛をどう続けるかという話。

長々同棲しても結構バレなかったりするあたり、実はみんなSOSでバレない限り好き勝手やってるんじゃね?新型コロナウイルスみたいなモンだな!検査しない限り陽性ではない!

そんなディストピアな世界も最初はほぼモノクロなんだけど、サイラスの感情が戻るにつれて様々な色がついてくる演出は美しい。
荒廃した近未来のバトル系ディストピアと思うと肩透かし喰らうが、ロマンス系ディストピアとしてちょっと目新しい一本だ!

プライム無料体験で無料で見れます。
プライムビデオ無料体験

コメント

タイトルとURLをコピーしました