プライムビデオ「プロメテウス」が5分でわかる!【ネタバレなし】

うかつすぎる専門家たちの宇宙開拓

2012年制作のアメリカ映画。
出演者はノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、ガイ・ピアース

大人気SFアクションシリーズ、エイリアンの前日譚。
プロメテウスは人類を創造したとも言われるギリシャ神話の神の名。

あらすじ

考古学者のショウとホロウェイは、世界各地にある大昔人類が残した壁画を解析していた。
実は壁画はある惑星への招待状で、惑星に住む先住民のエンジニアが、地球人を招いていることを突き止める。

そこに人類の起源があると考え、ウェイランド社は宇宙船プロメテウス号で、惑星に向かうプロジェクトを始める。
船内のスタッフがコールドスリープする中、アンドロイドのデイヴィドだけが活動し、惑星の言語の習得や種の起源の学習に勤しんでいた。

惑星に到達したプロメテウス号だったが、惑星の環境は過酷で宇宙服なしでは歩けなかった。
捜索の結果、建物のような構造物を見つけ捜索する調査チーム。

ホログラム装置を起動すると、先住民であるエンジニアが逃げ惑う記憶映像が再生される。
先住民が逃げる先はエンジニアの死体だらけで、その恐怖にスタッフの一部が逃げ出してしまう。

捜索を進めると死んだエンジニアの首と大きな顔の像、そして黒い液体が入ったツボのようなものが多数見つかる。
プロメテウス号から嵐の接近を告げられ撤退する一行、ショウはエンジニアの首を持ち帰り、デイヴィドは密かに黒い液体のツボを持ち帰った。

持ち帰った首を解析した結果、地球人類に酷似していることが判明。
この発見を、ショウは人類の起源と喜ぶ。
デイヴィドは黒い液体を密かにホロウェイに飲ませる。

一方調査中に逃げたスタッフは、黒い液体のツボがあった部屋に迷い込んでいた。
そしてうごめく何かを見つけたと思ったその時、謎の生物に襲われ絶命するのだった… 

レビュー・考察

人類の起源を求める科学者たちの物語…
この前代未聞のミッションに挑むのは、ショウ、ホロウィン両博士をはじめとする地球最高レベルの専門家チーム、その実力は本物だ!

まずは言語だ!お勉強はアンドロイドのデイヴィドに任せておけば大丈夫。私たちは何もしなくていい。
船員は全員コールドスリープ、大丈夫アンドロイドのデイヴィドが起こしてくれる。
デイヴィドは絶対に壊れたりしないから交代で起きていなくてもいいよね!

惑星を捜索だ!むっ!?この辺には大気がある。
息ができるなら宇宙服脱いでもいいよね!空気中の微生物?地球と同じに決まってんだろ!何を言っているんだ?

怪しいものを発見!
なんだかわからないけどとりあえず触ってみよう!
そんで持って帰って研究しよう。危ないものであるわけなんてないからね。
きっといつも自分だけは大丈夫!
あれ!?デイヴィドさん、黒い液体それなぁに??

はっきり言おう、このチーム、近所のおばちゃんレベルである

きっとウェイランド社はブラック企業なんだよ。
給料安すぎていいスタッフ集められなかったんだよな。
アンドロイド全予算かけて、あとはみんなバイトみたいな感じなんだよ。

そんな迂闊すぎる専門家の宇宙開発ドキュメント。
ツッコミどころだらけなので、エイリアンファンでなくてもきっと楽しい。

すぐに見る➡︎プロメテウス (字幕版)

プライム無料体験でおトクに見れます➡︎プライムビデオ無料体験

そういえばこの映画の宇宙開発も相当ずさんだったよな…宇宙船で火炎放射器とか、もう、ね。

 全く同じ失敗を繰り返す続編はコチラ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました