優しいおうまさんとライオンのおかあさんが送るホームドラマ⁉️「ペイザゴースト」

今日のAmazonビデオはコレ!

大学で教鞭をとるマイクは終身雇用の採用をかけて研究に忙しく、妻クリステンと息子チャーリーの待つ家になかなか帰れない日々を送っていた。
その日はハロウィン、クリステンはなかなか帰ってこないマイクを置いて、チャーリーとお祭りに出かける。
チャーリーがふと見上げると気持ちの悪いハゲタカが飛んでいるのに気がつく。
チャーリーとクリステンが家に戻るとマイクが待っており、終身雇用として採用されたことを伝えられ喜ぶクリステン。
マイクはチャーリーと出かけたいと言い出したため30分だけ許可するクリステン。
マイクと出かけたチャーリーだったが、やはりハゲタカが目につく。
そしてチャーリーが撮っていたビデオカメラの画面に突然ゾンビのような人影が現れたが、次の瞬間消えていた。
チャーリーはマイクにソフトクリームをねだり、列に並んでいる時マイクが気がつくとチャーの様子が少しおかしい。
チャーリーはPay the ghostとつぶやくと次の瞬間姿を消した。
警察やクリステンと必死に探すが見つからず、一年が経とうとしていた。
マイクはチャーリーを守れなかったことをクリステンになじられうまくいかず別居しながらチャーリーの行方を追っていた。
なんの手がかりも得られなかったが、ハロウィンまであと3日に迫った頃からマイクにはチャーリーの声が聞こえるようになっていた。
走っているバスの車窓にチャーリーの姿を見たマイクは追いかけるが、車内にチャーリーの姿はない。バスから降りて見上げるとあのハゲタカ。
ハゲタカの降りる先に行ってみると壁一面にpey the ghost と書いてある。
建物に入るとホームレスが多数居住しており、その中の1人にどういう意味かと尋ねると一つの部屋に案内され、そこにもpey the ghost の文字。
マイクはクリステンにこのことを話しに行くが、全く相手にされない。
その夜、マイクがチャーリーのビデオカメラを見ていると知らない一軒家に多数の子供が入っており、ゾンビのような怪物が迫ってくる画像が流れていた。
クリステンの家でもチャーリーのキックボードがひとりでに動くなど奇怪な現象が起き、クリステンはマイクとともにチャーリーを探すことにするのだった…
いいパパマイクに扮するのは名優ニコラスケイジ。
もうすっかりいい年だけど、すっかりいいおとっつぁん役が板についてきたね。
普通の夫役で言えばハングリーラビットとか思い出すけど、どうにも普通の幸せな家庭から〜の急転直下型不幸が必殺技。
素直に家庭の幸せを描いたホームドラマ見たいのとか心温まる一本で終わっても良さそうなもんだけど、いつも事件に巻き込まれます。
一時期武器商人とか怪しい営業みたいな仕事ばかりしていた報いかな?
怪しいげで調子のいいサラリーマン役もはまっていたけど、最近の家庭のため頑張るおとっつぁん役もいい味出してるよなぁ。
一般市民が必死に頑張るみたいな。いい意味でイケメンすぎないからね。
奥さんのクリステンはウォーキングデッドでリックの奥さんを演じていた人だね。
イントゥザストームでも子持ちのお母さん役だったけど、この人お母さん役ばかりな気がする。
バリキャリな感じであんまりお母さんっぽくないんだけど、こういう仕事と子育て両立して頑張っていますみたいな女性像は日本のテレビでも昨今多いね。
アメリカでもこいうのがうけるんだろうか??
どの作品でももうちょっとだんなさんに優しくしてあげて…怖いよ、いつも
そんなお馬みたいなお父さんとライオンみたいなお母さんのコンビが送るサスペンスホラー
Pey the ghost の意味とは一体??
その謎を解き明かしていく。
突然このワードをつぶやき始めたときのチャーリーの表情はバッチリホラーだぜ。
基本ホラーなんだけど、この映画見て思うことは子供を思う親の気持ちはどこも変わらんのだなぁってこと。
さっきまで可愛がっていた子供が突然いなくなった!?
想像するだけで恐ろしいけど、この映画もそんな気持ちをわかるかで評価大きく変わりそうね。
よくよく考えるとホラーというより家族の映画だったのかも!?
そんな子供の可愛さをあらためておしえてくれるホラー、家族みんなで楽しもう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました