ループもののタブーに迫るハンガリーの意欲作!「ループ」

Amazonビデオ

今日のAmazonビデオはコレ!

LOOP/ループ-時に囚われた男-(字幕版)
ディーネシュ・サーラズ
2018-11-01



ヤクの密売人アダムはボスのデジューからの逃走を企てていたが、そんなとき恋人のアンナより妊娠を告げられ、中絶するよう言いアダムの父親の病院で診察を受けさせる。
アンナを病院に行かせた後、アダムの元にデジューが訪れ大量の薬物を置いていく。アダムは逃走を決意しアンナに残すビデオメッセージを撮っていたが、逃走用の航空券がなくなっていることに気がつく。
ビデオもそのままにアンナを追いかけるアダム、すぐに街角でアンナとぶつかるが、アンナはアダムが撃たれて死んだはずとか証拠のビデオテープを持って警察に行こうとかわけのわからないことを言いはじめる。
アンナが通りに飛び出たとき、救急車が走ってきてアンナを轢いてしまう。私は無関係と言い放ちその場から逃げるアダム。
父親の病院で車を借りて現場に戻りアンナの持っていたビデオテープを回収する。
自宅でビデオを見るとそれは自身の撮ったビデオメッセージだった。しかし、進むにつれ段々と現在のアダムとシンクロし始める。そして早送りするとアダムはデジューに撃ち殺されてしまった。 
そこに死んだはずのアンナを連れたデジューがやってきて、逃走の企てを察知しアダムを撃ち殺してしまう。
アンナは撮影中だったビデオテープを手に取り現場から逃げ出すが、街角でアダムとぶつかる。再び同じ場面を繰り返すアダム、さっきと同じだと気がつくがアンナはやはり救急車に轢かれてしまう。
同じ展開だとまずいと思ったアダムは今度は逃げずにアンナの目を閉じてやる。アダムは救急車を追いかけ、乗っていたデジューを殺す。
そして再び向かった病院でアダムに電話しているアンナと出会うも、アンナはデジューに拉致されてしまう。
父親に借りたはずの車がなかったことから、もう一人のアダムが自宅に向かったことを確信したアダムが自宅に着くと、ちょうど以前のようにもう一人のアダムがデジューに撃たれるところだった。
アンナとデジューが出て行った後、アダムが自宅に入るともう一人のアダムが生き絶えるところだった…

いやぁ複雑だわ!
あらすじ書いていてなんども見直したくらいだ。
まぁ文字に起こすと大変だけど、見ているとスッと落ちてくるからそうでもないんだけどね。

ループものは宇宙人と戦うやつとか爆弾犯探すやつとか数あるけど、だいたい主人公が死ぬと時間が戻って、登場人物全員の時間が戻る、主人公だけが記憶を引き継いでいるというのが多い感じ。
この映画、なにが面白いって主人公が死ぬことで時間が戻るわけではないから、いつのまにかヌルッと世界が変わっているところ。
さっき死んだはずの人に次の瞬間であったり、それぞれの時間軸の人間が入り混じるから持っている記憶もバラバラ、言っていることがわけわからないとか容易に起こることだ。
アダムの視点で追っているといつのまにか時間が戻っていて、他の人物と会話が噛み合わない。これが複雑だが面白い。
パズルを解くかのような楽しさのある一本だ。
なにより特徴的なのはもう一人の自分が同じ時間軸にいること、ループものでは暗黙のタブーみたいになっているところあるけど、そこに踏み込んだ意欲作だ。

同じ時間軸を繰り返しながら成長するアダムが迎える最後は衝撃的、そのラストをみなさんにも見届けて欲しい。
ハンガリー映画って聞かないけど、こんな凄い作品作れるあたり侮れないよなぁ〜
 

タイトルとURLをコピーしました