災害もジャンルもてんこ盛りでお腹いっぱい⁉️「ジオストーム」

Amazonビデオ

今日のAmazonビデオはコレ!

ジオストーム(字幕版)
ジェラルド・バトラー
2018-04-25


 
2019年より世界各地で異常気象に襲われ、人類は存亡の危機に立たたされた。
各国は協力し、天候を操作する衛星システムダッチボーイを完成させる。 
しかしその立役者ジェイクは、管理者としての資質を疑われたため査問会にかけられ、そこで議長のデッコムと揉めてしまい更迭、後任には弟のマックスが任命された。
三年後、アフガニスタンのある街が氷漬けになる事件が起こる。衛星の故障を確信したアメリカ大統領はジェイクに修理を依頼することはするが、更迭以来落ちぶれたジェイクはマックスが上司でないことを条件に了承する。
その頃香港では異常な高温に見舞われていた。科学者のチェンは異常を感じ香港上空の衛星にアクセスしようとするが出来ず、友人であるマックスを訪ねることにする。
宇宙に上がったジェイクは元部下のウーテと調査に当たったが、なぜか衛星にアクセスできず、データも消去されていた。
香港の衛星を回収して原因を調べるが、衛星は暴走、調査団は危機一髪難を逃れる。さらに不審な死を遂げた乗組員について調べるため船外活動をすると、宇宙服が突如故障、九死に一生を得たジェイクは回収したパネルからデータを回収することに成功する。
回収したデータを調べるとウイルスが仕込まれていた。
地球ではチェンがアメリカに到着し、マックスと落ち合う直前で交差点で何者かに突き飛ばされゼウスと言い残し死亡する。
ジェイクはマックスと通信をし、なんでもない昔話をする。なんの変哲も無い話かと思いきや、マックスはそれが兄弟の暗号であることに気がつく。
暗号を解析すると政府のスパイが妨害しているとのことだった…

2012年地球は危機的な大災害に見舞われたのはまた別の話だが、今度は2019年の話である。
まるで地球滅亡の予言のように先延ばしされる大災害である。
本作はよくあるパニック大災害ものと一線を画し、スパイアクションの要素を仕込んだ意欲作だ!

主演はジェラルドバトラー、そうホワイトハウスとかキングダムの終わりから大統領を救った伝説のアイツだ。
今回はなんといきなり地球の英雄だが、奔放な素行が嫌われ弟とも不仲な模様。
結構自業自得感がハンパないんだが、弟マックスの方がマジメに頑張っていないか!?
なんか嫌な奴みたいに描かれていてちょっとかわいそうである。
どうでもいいけどどう見ても兄弟ではなく親子である。実年齢は9つしか違わないらしいけど…

異常気象もののお約束である、圧倒的自然の猛威は大迫力。凍った砂漠とかアスファルトに落とした生卵が瞬時に目玉焼きになったりありえねぇ〜光景が盛りだくさんだ!
とくにリオ・デ・ジャネイロが凍りつく様は一見の価値あり、凍っているのが地上だけでは無いというのがどれだけ恐ろしいか教えてくれるぞ!
そして東京も大変なことに…

この映画面白いのは単なるパニック、家族愛なら終わらないことだ。一体誰がダッチボーイにウイルスを仕込んだのか?
それを探り当てるサスペンスでもあり、シークレットサービスの任務を描くスパイアクションでもある。
もちろん家族愛も忘れていない。
そんないろんな映画のイイトコロをこれでもかと盛り込んだ特盛カツ牛うな丼いくらがけのようなボリューム満点の一本、みんなも是非見て欲しい。 

タイトルとURLをコピーしました