懲りない人たちの狂想曲「ジュラシックワールド炎の王国」

Amazonビデオ

今日のAmazonビデオはコレ!


 
ジュラシックワールド、かつてのジュラシックパークと同じ島に作られた恐竜達の蘇った場所。
事故で滅んだその跡地に潜入した男たちは海底より一匹の恐竜の骨を持ち帰り去っていった…
ジュラシックワールドの元管理人クレアは恐竜保護団体を立ち上げていたが、ジュラシックワールドにあった火山が噴火、恐竜達が再び絶滅の危機を迎えつつあることを知る。
恐竜を助けるべくジュラシックパーク創設者のパートナーであるロックウッドの財団を訪ね、その現在の経営者ミルズよりラプトルのブルーを助けるよう協力を取り付ける。
ブルーの元調教師オーウェンの協力を得て、ミルズの遣わしたウィートリーら傭兵とともに島に向かうクレア。
島のシステムを再起動し発信機からブルーの居場所を特定、オーウェンのおかげでなんとか見つけるも、ウィートリーによってブルーは麻酔銃を撃たれ、止めようとしたオーウェン自身も撃たれてしまう。
ブルーが暴れたため、パニックに陥った傭兵によりブルーは実弾で撃たれ倒れる。
共にいた恐竜保護団体の獣医ジアも殺されそうになるがブルーを助けることを条件に助けられる。
クレアと恐竜保護団体の技師は島のシステム再起動後も基地に残っていたが、噴火により閉じ込められてしまう。
溶岩が迫る中、基地にバリオニクスが入ってくる。
これからなんとか逃れると、麻酔より覚めたオーウェンと合流し、溶岩から逃げる恐竜達と共に海に向かう。
海ではウィートリー達が恐竜を大量に船に乗せているところだった。
船に侵入したオーウェン達はジアと合流しブルーを助ける。
そして船は到着し、恐竜達をミルズの邸宅に運び込むのだった…
その頃、ミルズの邸宅ではロックウッドの孫娘メイジーが偶然から地下にいる恐竜を発見してしまう、それはジュラシックワールドで作られ、死んだはずの遺伝子改造恐竜インドラプトルだった…

人気シリーズの5作目、今回はまたまた滅んだジュラシックワールドの跡地の話だね。
しかしこの短くない時間でよく滅ぶなぁ〜、よく飲食店とかで同じ立地で潰れては新しくお店が入ってくる謎の場所があるけどそういう感じかしら??
その跡地で怪しげな捜索をする怪しげな男たち。なんかの骨を見つけて喜ぶのも束の間、巨大なクジラのような水棲肉食竜モササウルスに襲われる。
そう、前作で美味しいところ持っていったアイツだね!
いきなり前作の王者がでできてテンション上がりまくりだが、さらにヘリで逃げようとした一行にTレックスが襲いかかる!!
そう、パークの頃から大活躍で前作でも大暴れしたアイツだ!
島は私のものだと言わんばかりに襲いかかる。
いやぁ前菜から松坂牛と下関のふぐが出てきたような騒ぎですわ。
とにかく豪華だ!

そして物語は前作でもキーとなったオーウェンとブルーを中心に動いていく。
見つかったブルーは久しぶりのオーウェンとの再会に覚えているとも忘れているともつかない感じ、この微妙な間合い感、流石に心得ているな!
襲いくる溶岩、逃げ惑う恐竜達と共に逃げるオーウェン達はまるで暴走する四トントラックの群れと高速道路を走るようなものだぞ!
そして明らかになるミルズの野望。
オーウェンは麻酔銃撃たれて倒れていたところに溶岩が迫ってきて死ぬ手前だったけど、クレア達も島に置いていこうとするなどミルズとウィートリーはこのシリーズには珍しい悪役かもね。
事故ばかり起こすところだけど事件って案外記憶にないもんな。

どことなく前作の焼き直し感もなくもないが、迎えるラストはなかなかに感慨深い。
私はこんなサバイバルな生活は嫌だと思うけど、皆さんはどうだろうか?
その辺をぜひ 見届けてほしい。

タイトルとURLをコピーしました