中国版最後のファンタジーⅤ⁉️「エアベンダー」

Amazonビデオ

い今日のAmazonビデオはコレ!

エアベンダー (字幕版)
セイチェル・ガブリエル
2013-11-26



水の国の少女カタラが、兄と狩りに出たときに見つけた氷の塊を割ると中から少年アンと獣が現れる。
実はこの少年こそが4つのエレメントを統べるアバターであり、アンは火の国の王子ズーコにより拉致される。
気のエレメントを使い拉致された船から逃げるアン、彼は修行の途中で逃げたため気のエレメントしか使えなかった。
ズーコは王に国を追放されており、復帰の条件がアバターの捕縛だったのだ。
全てのエレメントを手に入れるため、カタラらと共に旅に出るアン。
アンがかつていた気の国に着くが火の国によって滅ぼされていた。アンが眠りについてから100年が経っていたのである。
次に向かった土の国もまた火の国に占領されていたが、アンがアバターであることを明かすと奮い立ち、土のエレメントで火の国に反旗を翻す。
次に強力な水のベンダーがいる北の水の国に向かう一行だが、その途中立ち寄った寺でアンは火の国の罠にかかり捕まってしまう。
アンは監禁されていたが、そこに謎の仮面剣士が訪れる。仮面剣士はアンに斬りかかると思われたが、アンの鎖を断ち切り逃走させる。
アンと仮面剣士は無事逃げ切れるのか!?

いきなりぶっ飛ばし過ぎてさけわかめだろうから設定を補足しよう。
この世界は4つのエレメントからなる国でできており、各エレメントの使い手をベンダーという。
エレメントに応じた動きでエレメントを操る。
世界は全てのエレメントを統べるアバターにより調和が保たれていたが、いなくなったことで火の国が他国を侵攻、世は乱れていた。
って感じの世界観。
どことなく人気RPGシリーズの最後のファンタジーの5作目だぜ。
もしかしてこれ中国作成の劇場版なのか??

各国エレメントのイメージ通りのテイストを持っていて実にユニーク。
火の国は基本体育会系の脳筋野郎。蹴り技が主流なのか蹴りから火の技をだすことが多い気がする。結構カッコいいが暑苦しいのは多分火のせいだけじゃない。
何気に軍艦なんかも持っていて文明が進んでいる模様、火力の動力利用を実現するあたり単なる脳筋ではない?
火を操る能力だが、操る火がないと何もできないのが弱点。

水の国、基本凍っている。
水のベンダーはくねくね踊りで水を操る。
ゲームでよくある治療効果はない。

土の国、農村と農民。
基本かっこ悪い。土を操るのになぜかみんなでドスンドスン踊る。
1番中国っぽい

気の国、技は1番カッコイイ、棒を組み合わせた動きはカンフー風味でスタイリッシュ。
無双シリーズみたいな動きで敵をドバーッと吹っ飛ばす!
地味な属性を主人公に据えたあたりセンスを感じる。

こんなイかれた仲間たちと贈るチャイナ風味ファンタジー!
見終わった後にはきっとみんなも技のポーズを真似したくなるはずだ!

続編あるなかなぁ〜?

タイトルとURLをコピーしました