最強の一般市民が家族のために必死にもがく姿を描く「宇宙戦争」

今日のAmazonビデオはコレ!

宇宙戦争 (字幕版)
トム・クルーズ
2014-07-01


 
港湾労働者のレイは元妻がその夫ティムと遠出する間、長男のロビーと長女レイチェルを預かることになった。
しばらくしてレイは大嵐が来ていることに気がつく。妙なことに風が嵐の方に吹き込んでおり、やがて雷を落としはじめた。
雷が止むと、家中停電しており不思議なことにバッテリーも動かず、車も動かなかった。
レイが雷の落ちた現場に向かうと穴が開いており、やがてその穴は広がって大穴となった。
そしてその砂煙の中から謎の超巨大メカが飛び出てきてレーザーで人を焼きはじめた!
車を奪って子供達とティムの家に逃げるレイ、そこでも雷が激しくなり地下室に逃げ込むも、出てきたときには街は一面の廃墟と化していた…
廃墟で出会ったジャーナリストから宇宙人が雷に乗って太古から地下に隠してあったメカに乗り込んだことを知らされる。
そしてレイたちはボストンに向かうのだった。

ダメなトム様シリーズ、あの時も上官脅して前線送りになったり相当ダメだったが今回はどうか。
今回は妻に逃げられており、その元妻が夫と出かけるから子供を預かるというシーンから始まる。
この元妻もだいぶ厚かましいけどヘラヘラ受け入れちゃうトム様、だいぶ情けないです。
生活能力は皆無で食料は調味料のみ、何か食べたければデリバリーしろという有様だ。
子供達にもチョイなめられ気味なのか、ロビーとのキャッチボール中レイが投げたボールをロビーが避けてガラスを割ってしまい、挙げ句の果てにレイチェルに説教されちゃてるし…
うーん、だいぶ情けない。
でもなんだろう、イケメンでムッキムキだから何をやってもださカッコいいにしかならない。ズルイぜ。

友好的な宇宙人も増えてきた昨今のハリウッドだが、この映画の宇宙人は超攻撃的!
レーザーで容赦なく人を灰にしてくる。それもなぜか衣服だけ残して。
見た感じ衣服は残すが、下着は残っていないようなので、下着はいらなかったようだ。
宇宙の古着屋さんなのかもしれない。

そういえばあの映画も宇宙人対ダメなトム様だったけど、なぜトム様は地球の危機にダメになってしまうのだろう?
きっといつものノリだったら圧勝してしまうからちょうどいいハンデなんだろう、きっと。

宇宙人ものでは得てして宇宙対地球という構図で描かれることが多いが、本作では宇宙人の侵略に右往左往しながらなんとか生き延びようとする一般市民(トム様)が題材になっている。
宇宙人を倒して地球を救うとかでなく、なんとか家族を守ろうとする姿は等身大の私たちそのものだ。
そんな家族愛溢れる宇宙人モノ、ぜひ夏休みに家族で見てほしい。

宇宙人はなぜ今になって侵略を開始したのか?
これまでの間何をしていたのか?
その答えはきっと劇中にある。多分。

コメント

タイトルとURLをコピーしました