これが、俺の本気…覚醒はロマン「ルーシー」

今日のAmazonビデオはコレ!

LUCY/ルーシー (字幕版)
スカーレット・ヨハンソン
2014-12-18

アメリカ人女性のルーシーは台湾に遊びにきていたが、友人のリチャードに強引に怪しげなアタッシュケースを渡され、チャンという人物にそれを渡すよう頼まれる。
アタッシュケースを取りに来たチャンはマフィアで あり、リチャードは殺されルーシーも拉致られてしまう。
ルーシーがチャンに言われてアタッシュケースを開けと青い粉の袋が4袋入っていた。
殴られたルーシーが気がつくとベッドに寝かされており、腹部には切開痕があった。
どうやら青い粉の袋を腹部に埋め込まれたらしい。他にも3人の男がおり同様にヨーロッパへこの薬を持ち込ませるようだった。
ルーシーはマフィアに腹部を蹴られたことで薬が漏出、意図せずに大量摂取してしまう。
死にかけたルーシーだったが気がつくと、普段人が10%しか使っていない脳をより使いこなせるようになっていた。
あらゆる情報を理解できるようになったルーシーは銃を奪いマフィアを殺害、病院で青い粉の袋を取り出すと、チャンの記憶を探って青い粉を埋め込まれた3人の男の行き先を突き止める。
その情報を警察に流して運び屋を逮捕させる。
この頃にはルーシーは脳の司令一つで電子機器を操れるようになっており、その力で脳科学の権威ノーマン博士に接触する。
ノーマンは人が脳の力をより使えたら…という研究をしており、ルーシーにあらゆる生命は知識を伝えるために生きていると伝えるのだった。

覚醒ルーシーはあらゆる情報が処理できる。
遠くでしゃべるひとの話、木々を走る水の音、出会って人の血の巡り、骨の様子、あらゆる知識を理解できる。
銃の使い方なんて見た瞬間わかるし、ドア越しのワンショットキルなんてのもあたりまえ、出会った人の健康状態も一目でわかるし、それをどうすればいいかも知っている。
さらに電話にでたひとが誰でどんな状況かも理解し、自身を操って髪の毛の色を変える、電子機器を操って自分の姿をテレビやパソコンに映すなんてのもやってのける。
これでまだ脳の40%だ!
さらに忘れてしまっていたあらゆる過去の記憶にアクセスできる、母の乳の味、両親の愛…
それらを思い出して母親に電話するシーンは序盤ながらハンカチなしには見れないぞ。

覚醒!それは中二魅惑の響き。
自身の平凡さに納得できず、本気を出せればこんなもんじゃないと思ったことがみんなにもあるはず。
それが成就した時、人はどうなるのか?
ある売れない作家は株で儲けて伝説の実業家になった。
はたしてルーシーは!?
その結末はみんなの目で確かめてほしい。
脳の全てを使いたくなるかはみんな次第だ!
ちなみに私は大学浪人していた時、覚醒を求めてカフェイン入りのタブレットをドカドカ摂取したことがあるぞ!
おかげで三流大学に無事合格したのだった💮

どうでもいいけど、この映画で1番すごいのはこの薬開発したマフィアだよね。
ノーベル賞ものだよ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました